有機jasの安全性総まとめ【有機jas認証農家の僕が教えます】

有機jas認証のお米やお野菜・果物など農畜産物の安全性について、情報収集している方向けの記事です。

有機jasの農産物は本当に安全と言えるのか?

この記事ではこの1点について、農薬や肥料、栽培記録そして第三者からの検査の観点から検証していきます。

 

※この記事は、これまで書いてきた以下の記事のまとめ記事(総論)です。それぞれの各論を詳細に知りたい方は以下の記事をご参考下さい。

<<有機jas安全性の各論記事>>

有機jasと農薬について

 ⇒⇒【残念】有機jasは無農薬ではありません:有機jasの安全性と農薬の話

有機jasと肥料について

 ⇒⇒【問題あり】有機jasの危険な有機肥料:有機jasの安全性と肥料の話

有機jasと栽培記録について

 ⇒⇒なぜ有機jasは安全性が高いのか【結論:栽培記録があるからです】

この記事を読むあなたのメリットは、「有機jasであればとにかく安全」という世の中の流れから一歩引いて、メリデメを含めて冷静に有機jasを眺める知識が得られることです。

この記事を書いている僕は、わずか6aの自家菜園級の畑で有機jas認証を取得し、子供の食と健康を専門にしたオーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営している変わり者です(笑)。

有機jasの原則を理解し、jas法に基づき日々、有機野菜を作っているので記事の信頼性は高いと思います。

それでは、早速話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




有機jas安全性総まとめ

世の中には慣行農業と有機農業の2種類あります、もちろん有機jasも有機農業の中に含まれます。

結論から言えば、「有機jas農産物は慣行農業の農産物より安全性は高い。ただし有機jas農産物の中にも安全性については差がある」です。

以下、その根拠を解説していきます。

※慣行農業とは化学肥料や農薬を使う農業です。慣行農業と有機農業の違いは以下の記事で解説しています。

参考:有機農業や自然農法、色々あるが違いは何?安全性と関係ない農法比較

農薬から見た有機jasの安全性

意外と知らない方が多い、有機jasの農薬使用有機jasの大原則は農薬を使わないことですが、仕方のないときに限って農薬使用を認めています

基本的に、農薬を使わなくても例えば以下のような対応で、ある程度病害虫からの被害は防ぐことができます。

・病害虫が好むような作物をいつも育てない(色んな種類の作物をmixして植えて病害虫を集中させない)

・粘着テープ(害虫がおびき寄せられテープに引っ掛かる)や、種をお湯につけて表面についた病原菌を熱で死滅させる

・畑の生態系を豊かにして、生き物の「食う・食われる」の空間を用意する

 

上記は農薬を使わない病害虫対策の一例です。

ただし、こんなことをしても病害虫を抑えることが出来ず、ヤバい状態になったときだけ、有機jasで定める農薬を使っていいことになっています

 

有機jasが認める農薬は基本的に、天然由来や生物由来の農薬で、化学農薬のような危険性はありません

ただ、殺虫・殺菌効果があるのは間違いなく、「人間に安全か?」と聞かれても、残念ながら「絶対大丈夫です」と言えません。

 

結論として、有機jasで使用OKな農薬すら使っていない有機農産物が、安全性の高いものと言えます。

※スーパーや宅配で購入できる有機jasマーク付き農産物にも、農薬使用と不使用品が混在しています。

 

有機jasの農薬について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

 

肥料から見た有機jasの安全性

有機jasで使ってもOKな肥料は、以下のような決まりがあります。

・化学物質が添加されていない(化学的に合成されていない)こと

・原材料の生産段階において組換えDNA技術が用いられていないこと

 

しかし、例えば有機肥料として代表的な動物性堆肥などには、間接的に化学物質や遺伝子組み換えなどが関係しています。

 

どういうことか?

 

牛や豚、鶏など日本の家畜の餌の9割は海外から輸入されたものです。海外の飼料は遺伝子組み換えが多く、輸送中も防腐剤等の化学物質処理がされています

輸入飼料でなくても、家畜に与える抗生剤や殺菌剤などの化学物質もあります

これらを食べた家畜の糞尿から作られた堆肥が、畑に散布されているのです。

 

海外の有機認証制度はこの辺りも厳しく基準がありますが、有機jasはスルーさしています

 

他にも、過剰な有機質肥料の農地への投入によって、地下水汚染や農作物に有害物質(硝酸態窒素)が含まれ、人間の健康上よくない影響もあります

いくら有機肥料を使っていても、必要以上に与えると、硝酸態窒素がたまったメタボで不健康な農産物になってしまうのです。

 

結論として、有機jasの原則に則り「自分の畑からでた農産物の残渣や、畑にいるミミズや微生物で土を肥やす」のが、安全性の高い有機jas農産物です

 

有機jasの肥料について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

 

栽培記録から見た有機jasの安全性

有機jasでは必ず、栽培する作物の種まきから出荷までを含めた全ての行程を、記録する必要があります

 

ここが慣行農業や自然農などの他農法と比較したときの大きな違いです。

栽培記録があるということは、自分の農産物に対して出荷した後も責任があるということです。

 

出荷後に何か問題が起きたときや、消費者からの問合せに対して、有機jas農産物は、以下のようなことが全て把握出来るのです。

いつ、誰が、どこで、どのような作業をして、どんな農薬や肥料を使ったのか、収穫量や収穫日、等々

 

参考までに僕の栽培記録を例に公開しておきます。有機jasマークがついた農産物は全てこのような記録があります(クリックするとPDFが開きます)。

 

もし、あなたが使用した肥料や農薬で気になることがあれば、有機jasマークの情報を頼りに生産者へ確認することもできます。

確認方法は以下の関連記事で解説しています。

結論として、栽培記録で生産過程をトレースする仕組みが整っている有機jasは、安全性が高いと言えるでしょう。

有機jasの栽培記録について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

有機jasは第3者によって厳しく検査される

有機jasの認証を取得した農家は、1年に1回、検査を受ける必要があります

検査官が農家のほ場までやってきて、日々の管理の状況や栽培記録、有機jasマークの使用(添付)状況等について消費者の目線に立って厳しく検査を行います。

これも先程の栽培記録と同様、有機jas特有のものです。

慣行農業や自然農など他の農法と比較しても信頼できますし、逆に有機jas以外の農産物で「安全です」と宣言しているのは全て自称です(他人のチェックはありません)。

有機jas認証農家は、有機jasマークを使って販売する限り、毎年この厳しい第三者チェックを受ける義務を有機jasでは定めているのです。

公的な第三者に厳しい検査を受けるのは有機jasだけです。

認証農家の僕が有機jasの安全性を総括する

ここまで書いてきたことをまとめます。有機jasの安全性を総括すると以下のとおりです。

有機jasの安全性総括

★有機jasは守るべき約束が多く存在し、慣行農業の農産物より安全。

★「農薬や化学肥料を使用しない」という有機jasの原則を守っている農家であれば有機jas農産物の安全性はとても高いと言える。

★しかも、有機jasでは年1回の第三者検査と日常の栽培記録付けも義務付けていて、他にはない安心感がある。

★ただ、有機jas認証にも農薬や肥料の使用は認められていて、それらを使用している有機jas認証農家が存在するのも事実

★有機jasマークのみではそれを判断することは出来ないので、あなた自身が動き調べる必要がある。

最後の「あなた自身が動き調べる」は、2つ方法があります。1つ目は記載された情報から生産者に直接連絡すること。もう1つは有機jasマークの情報から認証機関に連絡することです。

詳細は、以下の記事にまとめていますのでご参考下さい。

参考:なぜ有機jasは安全性が高いのか?【結論:栽培記録があるからです】

【余談】安全性について重要なのは有機jasではなく生産者

僕は、「有機jasの農産物が一番安全」とは思っていません。理由は、今まで書いてきたとおりです。

既に、あなたが信頼している生産者から農産物を購入しているのであれば、それがあなたにとって世界一安全な農産物です。

あなたは、その人の人柄や生産にかける想い、農薬や肥料の使い方等について理解し、納得した上でその方から購入しているはずです。

有機jasの農産物を一生懸命探すより、自分が信頼できる生産者を探すのが一番の近道かもしれませんね。

まとめ

有機jasは確かに安全性が高いと言えます。

 

でも、この記事では、有機jasマークが付いていて「有機野菜」と謳ってあるだけでは、手放しに安全といえないこともお話しました。

後は、ここまで読んでくれたあなたが、どのような農産物を選ぶかです。

 

これを書いている僕も有機jas認証農家の一人です。

この記事に辿りついてくれたあなたのような消費者が、安心できる農産物を作っていきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする