有機野菜と無農薬野菜の違い【正規の有機野菜とは法律が絡みます】

本記事のテーマ(説明画像)

有機野菜と無農薬野菜の違いが分からない、消費者方向けの記事です。

記事の前半では有機野菜と無農薬野菜の違いを詳細に解説し、後半で、実は「無農薬野菜という言葉を使っちゃダメ」という話をします。

✔本記事の内容

・合法と違法?:巷に2種類ある有機野菜の違い

合法と違法?:巷に2種類ある有機野菜の違い(説明画像)

・有機jasの「無農薬」と「自称有機」の無農薬の違い

有機jasの「無農薬」と「自称有機」の無農薬の違い(説明画像)

・「無農薬野菜」は使っちゃダメ!ルールがある農産物の表示

「無農薬野菜」は使っちゃダメ!ルールがある農産物の表示(説明画像)

✔記事の信頼性

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営しています。

オーガニックと食に精通した僕が書く記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

スポンサーリンク



有機野菜と無農薬野菜の違い【正規の有機野菜とは法律が絡みます】

結論から言うと、有機野菜と無農薬野菜の違いを分かりやすく示した図が、以下のとおりです。

(悦明画像)

図を見ると、有機野菜にも2種類あったり、さらにその中にも無農薬野菜や農薬使用野菜があったり様々です。本記事では、このあたりの違いを詳しく解説していきますね。

・合法と違法?:巷に2種類ある有機野菜の違い

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

巷に2種類ある有機野菜の違い(模式図)

実は、スーパー等で見かける有機野菜には、合法と違法なものが混在しています。

国のオーガニック基準を満たした正規の有機野菜(有機jas認証有機野菜)と、基準を見たしていない有機野菜(自称:有機野菜)です。

正規の有機野菜は、jas法という法律によって、野菜の作り方に基準があります

農薬を使用せずに作った野菜でも、この基準を満たさずに、例えば、「有機キャベツ」などと表示するのはjas法違反なのです。

⇒本物の有機野菜は有機jasマークがついている

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

この章では、ここの話しをしています(説明画像)

Jas法に基づく、正規の有機野菜には、下画像のような有機jasマークが必ず付いています。

jasマークが付いていなければ、「有機〇〇」や「オーガニック〇〇」という表示ができないことが法律で決まっています。

※有機とオーガニックは同義語です。なので、例えば「有機キャベツ」と「オーガニックキャベツ」は同じものと考えて下さい。

有機jasマークは農薬を使わなければ、誰でも貼れる訳ではありません。第三者から厳しいチェックを受け認証を受ける必要があります

認証を受けると、下画像のような認証書が交付されます。

要するに、この認証書が交付され、jas法(国のオーガニック基準)に基づき作られた農家の野菜が正規の有機野菜です。

⇒偽物の有機野菜は「自称有機野菜」で法的な後ろ盾なし

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

この章では、ここの話しをしています(説明画像)

一方、jas法に基づかない、いわゆる「自称:有機野菜」は、生産者が「俺は農薬を使っていないので有機野菜だ」と言っているに過ぎません。

第三者の確認(チェック)がない野菜なのです。

さらに、このような有機野菜を「有機キャベツ」などと表示して販売した場合は、jas法違反で最悪処罰されます

このことは、jas法にも以下のように明記されています。

第七十六条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する

出典:jas法第76条の抜粋

「次の各号のいずれかに該当する者は」に、jasの基準を満たさず、有機〇〇と表示して販売する者などが含まれます。

・有機jasの無農薬と「自称有機」の無農薬の違い

無農薬野菜について、もっと深掘りしてみますね。

あなたは「法律に基づく有機野菜と、そうでない自称有機野菜があることは分かった。でも、どちらも、無農薬なことに変わりはないでしょ?」と思ったはずです。

でも、この2つには、以下のように大きな違いがあります。

⇒【事例解説】何が違うの?消費者を惑わす2つの無農薬野菜

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

この章では、ここの話しをしています(説明画像)

例えば、有機jas認証農家のAさんと、そうでない自称有機農家のBさんが、無農薬で作ったキャベツを「有機キャベツ」として販売したとします。

※Bさんのキャベツは、先ほどの話では法律違反ですが、便宜上、このように設定します。

一般の方であれば、「どちらも有機野菜であり、無農薬野菜でもあるんでしょ?」と思うはずです。

ここで、jasの基準に照らして、以下の質問をしてみます。

・キャベツが作られた畑の周辺では、他の方が農薬を使用していませんか?その農薬が、あなたのキャベツ畑に飛んできませんか?

・畑に植えるキャベツの苗は購入した苗ですか?それとも、自分で育てた苗ですか?購入した苗なら、苗を作る段階で農薬を使っていない証明ができますか?

・収穫した野菜を洗う際に、薬剤等を使っていませんか?農薬を使って育てた野菜と混ざることはないですか?

正規の有機農産物では、このような質問にすべて根拠を示して答える必要があります。

⇒第三者の担保がある有機jasの有機野菜

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

この章では、ここの話しをしています(説明画像)

この質問に対して、有機jas認証農家のAさんが作る有機キャベツは、全て根拠を持って答えることができます。

なぜならば、このキャベツが、いつ、どこで、どのように作られたか全て記録があるり、第三者が確認調査をしているからです。

⇒「自称有機農家」の無農薬野菜は農家を信頼するしかない

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

一方、有機jas認証を受けていないBさんは、あくまでも「自称有機」で第三者からチェックを受けていません。

なので、消費者がお店で売られているキャベツだけ見ても、本当に無農薬か判断できません。

・Bさんは、確かに農薬を使っていない。でも、隣にあるCさんの畑では、農薬を使っていて、Bさんの作るキャベツにかかっているかもしれない。

・Bさんの苗はホームセンターで購入しているため、誰が作ったのか分からない。購入する苗の多くは農薬が使用されている。

・Bさんは畑で農薬を使用しなくても、出荷する段階で消毒液等に付けているかもしれない

実は、Bさんのキャベツは、「無農薬」と言ってもこのような状態である可能性も否定できないのです。

要するに、そのキャベツが無農薬であることは、生産者であるBさんを信じるしかありません。

見出し画像で「無農薬?」と「?」が付いているのはこのためです

⇒ただし有機jasは完全に無農薬とは言えない

この章では、この部分の話をしています(画像の網掛け部)。

しかしです。

実は、有機jasマークが付いた正規の有機野菜でも、農薬の使用が認められています

基本的に、有機jasは農薬の使用を禁止していますが、被害を放置しておくと重大な影響がある緊急時には、jasで定めた農薬の使用を認めています

有機jas認証農家にも、

 ✔有機農業の原則に則り、認められる農薬を一切使わない農家

 ✔jas法で認められる農薬を使用する農家

の2パターンあることを、消費者であるあなたは知っておく必要があります。

但し、基本的にこれらの農薬は天然由来や微生物由来の農薬なので、化学農薬のような危険性はありません

「無農薬野菜」は使っちゃダメ!ルールがある農産物の表示

ここまで僕は、あえて「無農薬野菜」という言葉を使ってきました。読者が記事を読みやすいと思ったからです。

でも、実は、「無農薬」という言葉を使用して農産物を販売することは以下の理由から禁止されています。豆知識として知っておいても損はないですよ^^

・無農薬野菜は誤解を与えるので表示はNG

結論から言えば、農産物の表示で「無農薬」や「減農薬」がダメな理由は、消費者に以下のような誤解を与えるからです。

<無農薬>

表示した農家は「無農薬」かもしれませんが、周りの畑から農薬が飛んできて農産物や畑の土に付着し残留しているかもしれません。

<減農薬>

農薬の使用回数が削減されたのか?それとも使用する量が削減されたのか?またどの程度削減されているのか?「減農薬表示」だけでは曖昧です。

消費者目線で考えたときに、このような誤解を招くような表示は好ましくない。

そう考えた農水省は、平成16年に、「今後はこのように表示しましょう」というルールを作りました。

ここから、「無農薬」や「減農薬」という表示ができなくなったのです。

参考:特別栽培農産物に係る表示ガイドライン

・無農薬野菜や減農薬野菜は「特別栽培農産物」と言う

ザックリ言えば、jas法に基づかない「自称有機」は、「特別栽培農産物」と言います。

特別栽培農産物とは、有機jasマークが貼られた正規の有機農産物ではなく、農薬を普通に使用する慣行栽培農産物でもない農産物です。

もっと簡単に言えば、「有機jasほど厳しくないが、慣行栽培よりこだわっている」農産物のことです。

「無農薬」や「減農薬」と表示ができないため、その代わりに以下のように表示することになっています

無農薬 → 農薬:栽培期間中不使用

減農薬 → 節減対象農薬:当地比〇割削減

直売所やスーパーで「無農薬野菜」や「減農薬野菜」の表記があれば間違っています。豆知識として覚えておけば、役立ちますよ。

まとめ:一番違うのは生産者の考え方

この記事では、有機野菜と無農薬野菜の違いについて詳しく解説してきました。

有機野菜=無農薬野菜ではありません

また、有機野菜にも法律に基づくものや、そうでないもの、農薬の使用や未使用など多くのパターンがあります。

結局、このような違いは何から生まれるのか?それは、生産者の考え方の違いからです。

同じ農家でも、有機jas認証を取得しない理由や、農薬を使う理由・使わない理由は色々あります。

気になる野菜があれば、生産者にその考え方を聞いてみるのも、いいかもしれませんね。

有機jas認証野菜だから安全ではなく、農薬不使用の野菜だから安全ではありません

あなたにとって、世界で一番安全な野菜は、あなたが信頼している農家が作る野菜なのですから。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

【関連記事】

有機野菜は意味がないのでしょうか?

他の野菜と比較した有機野菜の安全性を、農薬や肥料、栽培記録や第三者の検査の観点から、総合的に検討した記事です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする