有機jas野菜を危険と言う人、年次検査を受けてみて【マジ厳しいから】

「有機jasは危険」と思っている方、あるいは「危険なの?」と不安になっている方向けの記事です。

記事の前半では、多くの方が知らない有機jasの年次検査について、後半は有機jas認証農家の僕が、実際に検査官から検査を受けたときの状況を解説します。

✔本記事の内容

有機jas野菜を危険と言う人、年次検査を受けてみて【マジ厳しいから】

有機jas野菜を危険と言う人、年次検査を受けてみて【マジ厳しいから】(説明画像)

有機jasの年次検査はこのように進む【これでも危険と言えますか?】

有機jasの年次検査はこのように進む【これでも危険と言えますか】(説明画像)

✔記事の信頼性

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営する有機jas認証農家です。

オーガニックと食に精通した僕が書く記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

スポンサーリンク



有機jas野菜を危険と言う人、年次検査を受けてみて【マジ厳しいから】

結論から言えば、有機jas野菜を「危険」と決めつけるのは間違った考え方です。

なぜなら、多くの方が、この記事で解説する有機jasの検査制度を知らずに「危険」と言っているからです。

多くの消費者は購入する野菜の生産者を知りません。

なので、野菜の「安全」と「危険」の判断は、第三者の確認が必要で、それを行っているのが有機jasの野菜なのです。

・有機jas野菜の危険性を指摘する人ほど年次検査を知らない

多くの学者や農家、消費者が有機jasの危険性を指摘します。

よくある危険性の指摘が、「有機jasでも使用できる農薬や化学肥料は認められている」です。

確かに、僕もそれは一理あると感じて、以下の2つの記事にまとめています。

しかし、まじめな有機jas農家であれば、このように言われることが悲しいし、悔しいです。

なぜなら、僕ら有機jas農家は、お客様により安全な野菜を届けるために、敢えてリスクを背負っているからです。

⇒有機jasの大きな特徴は年1回の年次検査

有機jas認証農家になると、毎年1回、第三者の厳しいチェックを受けることになります

 

具体的には、認証機関から送り込まれてくる検査官が畑や、生産や出荷に係る記録のチェックを厳しく行います。

この検査に係る費用や検査官の旅費は、農家が負担します。

 

先程、僕は「敢えてリスクを背負っている書きました」。

これは、日々の生産活動をjas法と言う法律に基き行い、もし、嘘や偽りがあった場合は法律に基き処罰されるということです。

参考:有機jasと無農薬の違いは何?【ずばり法律に基づく栽培か否かです】

 

有機jasの年次検査では、検査官がこのような視点で厳しくチェックするのです。

 

 

⇒”自称有機”と第三者の厳しいチェックが入る”有機jas”の違い

一方で、有機jas認証を受けずに「私は、肥料や農薬を使わないので有機農家です」と言う“自称有機”の農家もいます。

 

その方が作る野菜は、「農薬や化学肥料不使用です」と記載して販売されますが、一体、そのことを誰が証明するのでしょう

・使っている有機肥料(例えば油かす等)は、「遺伝子組み換え」されたものではありませんか?

・あなたが農薬を使っていなくても、あなたの隣の畑は農薬を使っていて、それが飛んでくるリスクはありませんか?

例えばですが、有機jasの年次検査では検査員(第三者)があなた(消費者)に代わって、このようなことを確認してくれます

そして、これらをクリアしたものだけが有機jasマークを貼り、有機野菜として販売することが認められるのです。

僕の知る限りでは、上の2つの質問ですら、クリアできない”自称有機農家”は周りにたくさんいます

有機jasの年次検査はこのように進む【これでも危険と言えますか?】

先日、僕は有機jasの年次検査を受けました。その様子は、一般の消費者がほとんど知ることはないと思います。

 

検査の前に、検査官に頼み写真撮影の許可を得ましたので、写真を掲載しながら検査の流れを追っていきます。

 

・検査官は畑を厳しい視点でチェック

検査官に説明する管理人(画像)

写真は、僕(白いワイシャツ)を着ている僕が検査官(青いシャツ)に、畑の様子を説明してている様子です。

検査官は、以下のような質問をしながら、jas法の基づいた栽培がこの畑で行われているのかを確認します。

・農薬や化学肥料を使わずに、どのように野菜を育てているのか?

・除草はどのように行っているのか?

・畑の隣には、農薬を使う畑がないか?ある場合は、しっかり対策がされているか?

何気ない会話の中から、このようなことを確認しているように思えました。

・畑だけでない!検査官は資材置き場や貯蔵庫もチェック

資材倉庫で検査官に説明する管理人(画像)

チェックされるのは、生産活動を行う畑だけではありません。

写真は僕が、検査官に資材置場兼野菜の貯蔵庫で、自作した「ぼかし肥料」の説明を行っているところです。

化学肥料が使えないため、米糠などを使って「ぼかし肥料」を作っているのですが、その材料や作り方の説明を求められました。

作り方や材料は事前に届出を出して了解を得ていますので、実際にその手順や材料を使っているのかの確認です。

他にも、

・倉庫の中にjasで禁止されている、肥料や農薬はないか?

・草刈り機の油がこぼれて、貯蔵している野菜にかかるリスクはないか?

など、jas規格に基づいた細かなチェックが入ります。

・検査官は記録関係書類を厳しい視点でチェック

室内での記録関係書類の様子(画像)

外の確認作業が終わると、今度は室内で書類検査です。

写真は、僕が検査官に栽培記録を説明している様子です。有機jas認証制度で農家を一番苦しめているのが記録管理です

※有機jasではどんな作業をしても、記録を録ることが求められます。年間を通すと、数百ページの膨大な記録になることもあります。

有機jasの記録管理については、以下の記事で詳細に解説していますので、ご参考下さい。

検査官は、以下のようなことをチェックします。

・栽培記録はしっかり整備されているかの確認

 ※先程、畑に植わっていた野菜をいくつかサンプリングし、記録漏れがないかチェックします。

・使用した有機jasマークの数と、記録に残る残存jasマークの数の整合性の確認

 ※不正にjasマークを使っていないかの確認

・出荷した野菜が出荷伝票から、ほ場まで全てトレースできるかの確認

 

今回の検査では、このようなことを全て含めて、2時間30分みっちりとチェックされました。

 

いかかですか?有機jas野菜がこれでも「危険だ!」と言えますか?

 

確かに、有機jas農家でもjasで認められた肥料や農薬を使っている方もいます。でも、一般の生産者が「俺は有機栽培だから」と一言で片付けるのとは、その重みが全く違います

 

少なくとも、有機jasでは、農家の日々の管理やこのような年次検査で、「危険因子は取り除かれている」と僕は思います

 

まとめ:有機jas認証者の検査は毎年続く

農家が有機jas認証を辞退しない限り、この年次検査は毎年続きます

 

少しでも、野菜を購入してくれるお客様が安心して、野菜を選んでもらえるように、有機jasマークに恥じないように、僕らは厳しいjasと日々向き合っています。

 

例え、どんなに周りが「有機jasは危険」、「有機jasは意味がない」と言われても、僕ら有機jas認証農家には、周りに理解してもらうように努力が必要です。

このため、有機jasに取り組んでいる農家しか分からない裏事情を、多くの方に知って欲しくて、この記事を書きました。

 

この記事であなたの探していた答えが、見つかっていれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

<<関連記事>>

有機jas農家の僕が、まとめた有機jasの安全性についての記事です。農薬や肥料、記録関係を全て網羅した内容になっています。

 

【ちょっと宣伝】

このような厳しい検査を受けた有機jas認証野菜は、全国にも発送しています。興味のある方はご覧ください。

 

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする