コーヒーフレッシュは安全ですか?コピー食品に騙されていた私

こんにちは。

やさいの庭 Chiisanateのオーナー 兼 有機野菜を作っている高城です。

サラリーマンだった頃、出張でビジネスホテルに宿泊すると、朝食時のテーブルには必ず、コーヒーフレッシュが置いてありました。

しかも、何個使っても料金はかかりません。

なぜ、こんなにたくさん置いてあって、しかも0円なのか?

不思議になった私は、ネット調べてみることに。

こんなものを今まで自分の身体に入れていたのか?

調べてみると、そこには、コーヒーフレッシュについて目を疑いたくなるような驚愕の事実が、たくさん記載されていました。

それ以来、私は、コーヒーフレッシュを使わなくなりました

恥ずかしい話ですが、

私はコーヒーを飲むようになってからずっと、コーヒーフレッシュはミルクだと思い込んでいました

今日は本物ではないコピー商品の代表格である、コーヒーフレッシュについてお話します。

コーヒーフレッシュを牛乳や生クリームと思っている方がいらっしゃれば、是非読んでいただきたいです。

スポンサーリンク




常温で長持ちする不思議なミルク

結論から言えば、コーヒーフレッシュには牛乳やミルクは一切使用していません

以前から、

コーヒーフレッシュはミルクと思い込んでいた私でしたが、疑問に思っていたことがあります。

なぜ、冷蔵庫にいれなくても大丈夫なのだろう

ミルクであれば、常温で何時間も(例え夏でも)テーブルの上に置いておけないはずです。

コーヒーフレッシュが誕生した理由は、やはりここがポイントだったようです。

その歴史を見ると、元々は牛乳やミルクが使われていたようです。

でも、牛乳やミルクはナマモノであるため日持ちがしません。

これでは、流通させたり保存したりするのに冷蔵技術が必要になります。

これにはコストも掛かりますし気軽に手に取れず不便です。

そこで、牛乳やミルクを一滴も使わずに、牛乳やミルクのような味や風味のする液体が開発されました

これがコーヒーフレッシュです。

それでは、一体、このミルクのような液体は何から作られているのでしょうか?

コーヒーフレッシュの作り方

<<水と油を混ぜる>>

基本の原料は植物油脂です。

油と水はそのままでは混ざらないので、乳化剤を加えて植物油脂と水を混ぜます。

そすると、油と水が混じり合いミルクらしく白く乳化します

<<色・粘り・香りをだすため添加物を加える>>

ここからは食品添加物のオンパレードです。

ミルクの味や風味に近づけるために、様々な食品添加物を先程の白い液体の中に加えていきます。

【増粘多糖類】

とろみをつけるために使用されます

【カラメル色素】

:これを加えることによって、本物のクリーム色に一層近づきます。

【香料】

:コーヒーフレッシュの香り付けに使用します。ほのかなミルクの香りがするのは香料を使用しているからです。

【PH調整剤】

:日持ちを長くするために使用します。

何一つ、生きたものから作られるのではなく、食品添加物の3つでコーヒーフレッシュは出来上がるのです。

牛乳やミルクは1滴たりとも使用しません。

当然、添加物の中には危険と思われるものも含まれているはずです。

食品添加物の役割や怖さ、子どもへの影響については、

食品添加物って何なの?子どものために知っておきたい添加物の話に詳しく書いてありますので、ご参考下さい。

原材料を深く見ていくと・・・

さらに、表示からは読み取ることのできない原材料の裏側を考えてみます。

 

先程、植物油脂と水が主な原料と書きました。

使われる植物油脂は、大豆油や菜種油などが使われています。

これらは遺伝子組換え作物が多く、コーヒーフレッシュのような安価に食品に、使用される可能性がとても高いと思います。

 

 

また、カラメル色素は着色料の一つですが、着色料には様々な種類が存在します。

中には発がん性の疑いがあるものもありますが、「カラメル色素」とだけ表示されても、危険な化学物質が使われているか否かは分かりません。

 

 

香料も同じで、表示から詳細な化学物質の情報は読み取れません。

 

 

このように、食品表示だけでは読み取れない遺伝子組み換えや(裏)添加物がたくさんあります

 

安価で大量に食べることのできる食品の共通点は、遺伝子組換え食品添加物が当たり前に使われているものです。

 

まとめ

コーヒーフレッシュを製造する会社は何も悪いことはしていません。

食品製造や表示に関係する全ての法律を守り、正しく製造・販売し流通させています。

 

 

食品添加物についても、国の基準をしっかり遵守した上で使われているはずですから、

コーヒーフレッシュを少し身体に入れたくらいで、健康に影響を及ぼすことも考えられません。

 

 

でも、世の中には、私のようにミルクや牛乳と勘違いして飲んでいる方も多くいると思うのです。

 

そんな方達は、「騙された」と思うでしょう。

 

自分がコーヒーに入れていたミルクが、実は水と油と添加物の3つで作った命がない液体(物質)だったのですから・・・。

 

 

恐らく、このようなことを知らなければ、私は一生、コーヒーフレッシュを使っていたかもしれません。

 

知っていれば、食品を選ぶ選択肢が増えます。

あなたの選択肢が増えればと願い、私はブログを更新していくつもりです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする