コーヒーフレッシュはミルクじゃない!添加物を使った偽物食品です

記事のテーマ画像

コーヒーフレッシュについて、調べている方向けの記事です。

 

記事の前半では、コーヒーフレッシュがどのように作られるかについて。

後半では、コーヒーフレッシュの見えない危険や、同じように添加物を使った偽物食品について解説します。

 

✔本記事の内容

・コーヒーフレッシュの成分は「水+油+添加物」

コーヒーフレッシュの成分は「水+油+添加物」(説明画像)

・コーヒーフレッシュの原材料は、成分だけでは分からない

コーヒーフレッシュの原材料は、成分だけでは分からない(説明画像)

・まだまだある!添加物を使った偽物食品

まだまだある!添加物を使った偽物食品(説明画像)

 

✔記事の信頼性

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営しています。

オーガニックと食に精通した僕が書く記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

スポンサーリンク




コーヒーフレッシュはミルクじゃない!添加物を使った偽物食品です

結論から言えば、コーヒーフレッシュは、牛乳やミルクは一切使用せずに作られた偽物食品の一つです。

 

この記事にたどり着いたあなたは、そのことに気付きコーヒーフレッシュを調べているはずです。

本記事では、そんなあなたが探している答えを用意しました。

 

・コーヒーフレッシュがミルクであれば常温&長持ちが難しい

コーヒーフレッシュが冷蔵でなく、常温でカフェやホテルのテーブルに置かれてあることに違和感がありませんか?

 

コーヒーフレッシュがミルクや牛乳であれば、鮮度等品質上の問題で難しいですよね。実は、ここがコーヒーフレッシュのポイントだったりします。

 

⇒元々は牛乳やミルクが使われていた

その歴史を見ると、元々は牛乳やミルクが使われていたようです。

でも、牛乳やミルクはナマモノであるため日持ちがしません

 

これでは、流通させたり保存したりするのに冷蔵技術が必要になります。さらに、コストも掛かりますし気軽に手に取れず不便です。

 

⇒課題を解決するために誕生したコーヒーフレッシュ

そこで、牛乳やミルクを一滴も使わずに、牛乳やミルクのような味や風味のする液体が開発されました。

 

流通や保存の利便性や低コストを実現し、まるでミルクのような理想の液体。これがコーヒーフレッシュの誕生秘話です。

それでは、一体、このミルクのような液体は何から作られているのでしょうか?詳細は、次の章で解説します。

 

・コーヒーフレッシュの成分は「水+油+添加物」

コーヒーフレッシュの成分だけを見ると、水と油と添加物の3種類で意外とシンプルです。

 

水は説明しなくても大丈夫ですよね。油は植物油でどの食品にも使われているため、ここでは一旦、解説を省略します。

残る添加物について、種類や使われる目的を以下に解説します。

 

⇒水と油を混ぜるための添加物

基本の原料は植物油脂と水です。

油と水はそのままでは混ざらないので、乳化剤という添加物を加えて植物油脂と水を混ぜます

そすると、油と水が混じり合いミルクらしく白く乳化します。

 

⇒色・粘り・香りを演出するための添加物

ここから先は添加物のオンパレードで、ミルクの味や風味に近づけるために、様々な食品添加物を先程の白い液体の中に加えていきます

【増粘多糖類】:とろみをつけるために使用されます。

 

【カラメル色素】:加えることによって、本物のクリーム色に一層近づきます。

 

【香料】:コーヒーフレッシュの香り付けに使用します。ほのかなミルクの香りがするのは香料を使用しているからです。

 

【PH調整剤】:日持ちを長くするために使用します。

参考:日持ちするコンビニのパンやおかず、保存料やpH調整剤等で実現

 

このように、何一つ、生きたものから作られるのではなく、水と油と食品添加物の3つでコーヒーフレッシュは出来上がるのです。

牛乳やミルクは1滴たりとも使用しません。

 

・コーヒーフレッシュの原材料は成分だけでは分からない

もう一度言います。コーヒーフレッシュの成分は、水と油と添加物です。

覚えやすいですよね。でも、これらを、もっと深く見ていくと、そんなに単純でもありません。

 

例えば、油の中身を詳しく見てみます。使われる植物油脂は、大豆油や菜種油などが使われています

これらは遺伝子組換え作物が多く、コーヒーフレッシュのような安価な食品によく使用されています

<<参考記事>>

 

コーヒーフレッシュがただで手に取ることが出来るのは、原材料費(いわゆる原価)が安いからです。

 

さらに添加物についても、「カラメル色素」や「香料」など一括表示で分かりにくくなっていますが、実は、これらも健康上、低リスクなものから高リスクなものまで様々な種類が存在します

 

要するに、コーヒーフレッシュの成分だけ見ていても、書かれてあるのはほんの一部で、成分だけ見ても僕らが必要としている情報は分かりません

安価で大量に食べることのできる食品の共通点は、遺伝子組換えや添加物が当たり前に使われています

 

まだまだある!添加物を使った偽物食品

実は、添加物によって作られる偽物食品は、コーヒーフレッシュだけではありません。

お肉や調味料なども、偽物食品として僕らの生活の中に溶け込んでいます。

 

詳細は、以下の2つの記事で解説していますので興味のある方はご覧ください。

 

注意すべきことは、僕らが知らない間にこれらの偽物食品を購入していることです。

日頃から、よほど気をつけていない限り、購入を避けるのは難しいでしょう。

 

僕らの生活の中で添加物は避けて通ることは出来ません。そうであれば、減らす工夫が必要ですね。

そのことを、以下の記事で解説しています。

 

まとめ:あなたの行動は正しい

コーヒーフレッシュを製造する会社は、何も悪いことはしていません。

食品製造や表示に関係する全ての法律を守り、正しく製造・販売し流通させています。

 

添加物についても、国の基準を遵守した上で使われているので、コーヒーフレッシュを少し身体に入れたくらいで、健康に影響を及ぼすことも考えられません。

 

でも、世の中には、ミルクや牛乳と勘違いして飲んでいる方も多くいると思います。

 

あなたがコーヒーフレッシュを検索窓に打ち込み、調べようとした理由は何ですか?

きっと、何らかの疑問や不安を感じたからだと思います。

 

その行動は、正しいです。特に、食品については、素朴な疑問や不安に感じたときにすぐ調べることが大切です。

僕もあなたのお役に立てるように、このブログで様々な答えを準備しておきますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする