【体験談】化学肥料のデメリットは3つの害:僕が有機肥料を使う理由

化学肥料の影響(人や生態系を含む)が気になり、情報収集している方向けの記事です。

・一般的に化学肥料を使わない方がいいと言われる理由は何?

・化学肥料を使って育てた作物を食べると健康が害されるの?

記事ではこのような疑問や不安に答えます。

一般の消費者は農薬が何となく危険と分かっても、化学肥料がなぜダメなのかイメージが沸かないと思います。

この記事では消費者目線に立ち、僕の実体験から化学肥料のデメリットを解説します。

□■記事を読んで分かること□■

・化学肥料を使うと、土壌被害、健康被害、病害虫被害の3つの害がある

・でも、農家からすれば化学肥料の使用を止めるのが難しい

この記事を書いている僕は、わずか6aの自家菜園級の畑で有機jas認証を取得し、子供の食と健康を専門にしたオーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営している変わり者です(笑)。

日々、化学肥料を使用せずに野菜を作っているので、記事の信頼性は高いと思います。

それでは、早速話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




【体験談】化学肥料のデメリットは3つの害

僕は現在、有機jas認証を取得しているため化学肥料を一切使用しません。でも、それ以前は化学肥料を使い野菜作りをしていました。

化学肥料を使う農業と使わない農業。2つの農業をしてみて、初めて分かった化学肥料のデメリットは3つの害でした。

【デメリット1】土壌被害:土が死ね

経験上、確実に言えることですね。化学肥料をいつも大量に使う畑では、土が砂のようになり、素人が見ても土が痩せています

そのメカニズムは以下のとおりです。

・本来、畑の土の中には数えきれないくらい、たくさんの土壌動物(オケラやミミズなど)や微生物がいます。

・豊かな土では、土壌動物が野菜や雑草の根を食べ、その糞を微生物が分解して植物が育つ栄養になります。

↓そこに

・人間の欲で、より早くより大きく野菜を成長させようとして、畑にたくさんの化学肥料を投入します。

・養分として植物に吸収された後に土中に残った化学物質は、時として微生物たちに猛毒です。

↓そうすると

・土中の有機物を分解し栄養素を生み出す、微生物の活躍する場がなくなります。

・さらに化学肥料によって仕事を奪われた微生物は、やがて土からいなくなります。

※化学肥料は水に溶けるだけで、微生物を介さずにすぐに吸収されてしまいます。

結局、畑で化学肥料を使い続けると土壌生物がいなくなり、土は弾力性を失い、固く、活力のない死んだ土になってしまいます。

 

森の中で人間が何も手を加えないのに植物が立派に育つのは、自然の循環の中で土と土壌生物が健康に生きているからです。

 

 

【デメリット2】健康被害:危ない硝酸態窒素

化学肥料はとにかく効き目が早いです。

水に溶けるだけで、微生物を介さずにすぐに吸収されてしまうため、与える分量を間違えると、必要とする以上の栄養を与えてしまうことになります。

 

実は、たくさんの養分を溜め込んだ野菜はメタボ野菜といって、不健康な野菜なのです。専門的に言えば、植物体内に溜め込まれる物質は「硝酸態窒素」と言います。

この物質(硝酸態窒素)はハムやベーコンの発色剤としても使われる危険な物質で、国も注意喚起を促しています。環境省のパンフを掲載しておきますネ。

 ⇒⇒「未来へつなごう 私たちの地下水 〜気づいてますか?硝酸性窒素汚染」

 

あなたはスーパーでほうれん草や小松菜など、色が濃く大きな野菜を目にしたことはありませんか?

色が濃く大きくなるということは、余分な窒素成分をたくさん吸収しているということです。

 

肥料と硝酸態窒素の関係は、以下の記事で詳細に解説していますのでご参考下さい。

 

化学肥料は手軽に大量に散布でき効き目の速効性から、有害な硝酸態窒素を含みやすくなります。

以前の僕が作る野菜は、葉の色がどす黒い緑色をしていました。化学肥料の与えすぎで硝酸態窒素がたくさん含まれていたのでしょうね。

 

 

【デメリット3】病害虫被害:農薬が必要になる

3つ目の害は病害虫被害です。有機の世界では有名な話ですが、窒素を含む肥料を多く与えると野菜が病害虫に攻撃されやすくなります

化学肥料を大量に使っていた頃の僕が作った野菜(酷い虫食いです)

 

先程のメタボ野菜の続きになりますが、これにはちゃんと根拠があります。

 

野菜は体内に溜まった窒素成分を吐き出そうと、空気中にガスとして放出します。虫達は放出された窒素をめがけて飛んできます

 

そして、人間が食べることのできないほど食い荒らします。植物体の免疫力が低下しているためか、細菌やウイルスによる病気にも感染しやすくなります。

これは、化学肥料に限ったことでなく、有機肥料でも窒素分を多く与えすぎると同じです。

 

ただ、経験上、集中的にガスが発生し、病害虫が集まり、野菜が壊滅状態になりやすいのは、有機質肥料より化学肥料のような気がします

 

結局、野菜を立派に大きく、早く育てようとする農家の欲が肥料を与え過ぎ、その結果、病害虫被害にあいます。

それを強引に農薬で抑え込もうとする。悪循環なのです。

 

超簡単:化学肥料と有機肥料の違い

化学肥料と有機肥料の違いを簡単に解説します。

 

有機肥料は、油粕や米ぬかなど植物性の有機物、鶏糞や魚粉、カキ殻など動物性の有機物を原料にした肥料のことです。

化学肥料は鉱石や空気中の窒素ガスなど、自然界に存在する無機物を原料に化学合成した肥料のことです。

どちらを使ってもメリット・デメリットがあります。

 

ちょっと難しいかな?農業をしていない一般の消費者は、以下のように覚えておけば簡単です。

人間に例えるなら、有機肥料はご飯化学肥料はサプリメント

 

有機肥料土壌微生物が分解することで吸収可能となる⇒人間も同じですよね。食べたご飯が僕らの体の中で時間をかけて消化され、栄養として体内に行き渡ります。

 

化学肥料水に溶ければ吸収可能となる(土壌微生物の分解は必要ない)。⇒サプリは、消化の過程がなくダイレクトに僕らの栄養源になりますよね。

効果に速効性はありますが、「美味しい」などの幸福感は感じることが出来ません。

 

 

それでも農家が化学肥料を止められない理由

ここまで、化学肥料を使うことによる3つの害について解説しました。ここまで読んだあなたは、「じゃあ、何で農家は化学肥料を止めないの?」と思ったことでしょう。

 

僕の個人的な意見になりますが、農業(農産物)が工業製品化して市場経済の中にがっちりと組み込まれているからです。

 

定期的に安定した量と、安定した品質を市場は求めます。出来るだけ早く成長させ、出来るだけ早く収穫した方が農家としても1ほ場当たりの収益は大きくなります。

これを実現するためには、安価で効き目に速効性がある化学肥料を使用するのが一番手っ取り早いのです。

 

僕は、あるキャベツの産地を視察したことがあります。

 

化学肥料の使用過多でそのキャベツ畑は、砂場になっていて土は死んでいました。

それでも、毎年大量の化学肥料と農薬を使い続けます。なぜなら、産地として市場にキャベツを出荷する責任が彼らにはあるからです

 

農家が危険だと分かっていても、農薬を止めることが出来ない理由も同じです。農家の農薬使用については、以下の記事で詳細に解説していますのでご参考下さい。

 ⇒⇒【農薬散布は悪?】なぜ農家は危険と分かっている農薬を使うのか

 

まとめ

あなたは、ご飯(有機肥料)とサプリメント(化学肥料)、どちらから栄養を取りたいですか?僕はご飯から体に必要な栄養を摂りたいと思います。

自分が有機jas認証を取得していて、化学肥料が使えないと言うより、自分がご飯から栄養を摂りたいので化学肥料を使いたくありません。

いかがでしたか?

この記事で、あなたの探していた答えが見つかったのなら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【あわせて読みたい】

実は、有機肥料を使っていれば全て安全とは言えません。化学肥料にはない有機肥料の問題点を、以下の記事でまとめていますのでご参考下さい。

 ⇒⇒【問題あり】有機jasの危険な有機肥料:有機jasの安全性と肥料の話

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする