【残念】有機jasは無農薬ではありません:有機jasの安全性と農薬の話

有機jas認証の農産物と農薬使用や、有機jasの安全性について調べている方向けの記事です。

・有機jasのお米や野菜は農薬を使っているって本当なの?

・有機jasで使用している農薬は安全なの?

・有機jasで農薬が認められているのなら、有機jasの農産物を選ぶのは無意味なの?

記事ではこのような疑問や悩みに答えます。

意外と知られていない、有機jasの農薬使用。

有機jasはどのようなときに、どのような農薬の使用を認めているのでしょうか?記事ではこの辺りを安全性と絡めながら解説していきます。

□■記事を読んで分かること□■

有機jasは条件付きで農薬使用を認めているが、使用可能な農薬は安全と言い切れない

・有機jasが安全であるかどうかは、作物を作る有機jas認証農家による

この記事を書いている僕は、わずか6aの自家菜園級の畑で有機jas認証を取得し、子供の食と健康を専門にしたオーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営している変わり者です(笑)。

自分で実際に有機jasの認証取得し、日々、法律に基づき有機野菜を作っているので記事の信頼性は高いと思います。

それでは、早速話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




有機jasは無農薬ではありません

「有機jas認証のお米や野菜は無農薬」と信じて、このサイトにたどり着いたあなたに残念なお知らです。

有機jasの農産物は条件付きで農薬の使用が認められています。それでは、有機jasの農産物は安全でないのか?この辺りを他のサイトよりも詳しく解説していきますね。

有機jasでは原則、農薬使用は認めない

「有機jasは農薬を使っていいので無意味だ」。有機jas認証を否定する方の、よくある意見です。

でも、有機jasでは無条件に農薬使用を認めている訳ではありません。有機jasの大原則は、農薬を使用せず、耕種的防除、物理的防除、生物的防除の3つの病害虫対策を行うことです。

耕種的防除

:作物の栽培方法やほ場の環境条件などを適切に整え、病害虫が発生しにくくする防除方法です。

僕が行っている耕種的防除は、単一の同じ野菜ばかり作らずに、色んな野菜を少しずつ作ることですね。

例えば、キャベツばかり作るキャベツ畑では、キャベツを好む害虫や土壌病原菌ばかりになってしまいます。なので、キャベツの隣にレタスや人参、ねぎなど様々な野菜を作って妨害虫からの被害を防ぎます。

物理的防除

:農薬ではなく、資材などを使って病害虫を物理的に死滅させる方法です。

例えば、粘着テープ(害虫がおびき寄せられテープに引っ掛かる)や、種をお湯につけて表面についた病原菌を熱で死滅させるなどです。

生物的防除

:畑の中で病害虫の天敵を増やしたり、植物を植えたりして病害虫の密度を下げる方法です。

僕が行っている生物的防除は、「土壌の中のセンチュウが嫌いなマリーゴールドを畑のいたるところに植える」、「野鳥が止まる場所を準備して食害する虫を食べてもらう」などです。

有機jasでは基本的にこの3つを上手く利用して、農薬を使用しない農業を定めています

決して、無条件に農薬を使うことを認めている訳ではないのです。

有機jasは特別にやばいときに農薬使用を認めている

しかしです。有機jasでは「絶対に農薬使用を認めない」というスタンスではありません

以下、僕ら有機農家のバイブルである、有機農産物 検査認証制度ハンドブックを抜粋します。

以上の方法で基本的には病害虫の対策を実施しなければならない。

しかし、農産物に急迫した又は重大な危険がある場合で、上記防除方法だけでは対策が取れない場合は、JAS 規格別表 2 の農薬が使用可能である

つまり別表 2 にリストアップされた農薬は恒常的に使えるわけではなく、近接したほ場等又は該当ほ場内で有害動植物が発生し、又は経験的に発生が確実に予測され、これを放置しておくと農産物に多大な被害が予測される場合のみ使用が可能である。

出典:有機農産物 検査認証制度ハンドブック

僕も含めて有機jas認証農家なら、上に書いた文言を知らない方はいないでしょう。

これが根拠になって、「有機jasでも農薬を使用している」と言われています。

ちょと一般の方には、難解かもしれないので、上の抜粋文章を僕の方で分かりやすく言い換えると以下のようになります。

先程挙げた耕種的防除、物理的防除、生物的防除の3つの防除以外で基本的に農薬の使用を認めません。

ただ、作っている農産物が病害虫の被害に遭いヤバい状態で、この3つの防除をしても効果がない場合にだけ、別表2に書いてある農薬は使用しても大丈夫です。

別表2に書かれてある農薬はいつも使っていい訳ではなく、近くの畑や自分のほ場で実際に被害が発生するか、経験によって発生が予測され、放っておくと農作物がヤバい状態になる場合だけ使用して下さい。

ちなみに別表2とは下画像のように、使用できる農薬が一覧になっています。興味のある方は画像をクリックして下さい。PDFにして全て閲覧できるようにしています。

有機jasで使用が認められる農薬は安全か?

この別表2で認められた、有機jasで使用がOKな農薬は安全なのか?

あなたが一番気になるところだと思います。

結論から言えば、「これらの農薬は天然由来や微生物由来の農薬なので、化学農薬のような危険性はない」と僕は考えています。

但し、殺菌性や殺虫性が高いものもあり、その効果は化学農薬とさほど変わらないのです。

有機jasで認めている「石灰・硫黄合剤」を例に挙げてみましょう。「石灰・硫黄合剤」は無機硫黄材で殺菌作用があります。この製品の注意書きには以下のようなことが書いてあります。

・本剤は強アルカリ性のため、取扱には十分注意する。特に皮膚、眼などをおかしやすいので皮膚にふれないように、又、眼に入れないよう十分注意する。

・街路、公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係ない者が散布区域に立ち入らないように縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払う。

・薬剤が直接皮膚につき、そのまま放置すると炎症を起こすことがあります。直接皮膚に触れた場合は、直ちに石鹸で洗う。

・散布液調整時、又散布中はマスク、不浸透性手袋、メガネ、長ズボン、長袖の作業衣などを着用する。

いかがですか?有機jasで使用が認められている比較的危険性が少ない農薬でも、このような仰々しい注意書きがあるのです。

そもそも、自然と調和しながら行う農業に、人間でも注意が必要な農薬使用が必要なのか?

僕は疑問に思ってしまいます。

農薬から考える有機jasの安全性

ここまで見て、あなたはやっぱり有機jasも農薬をつかっているのなら、購入を辞めようと思うかもしれません。しかし、記事を最後まで読んでご判断下さい。

 

 

有機jas=意味がないは短絡的

有機jas認証を批判する方は、「有機jasは農薬を認めるので危険だし、無意味だ」。このようなことを言っています。

確かにその一面は事実ですが、jasは、始めから無条件に農薬の使用を認めている訳ではありません

 

そして、ここが最も重要なのですが、有機=オーガニックの本質を理解して、使用が認められていても農薬を一切使わない有機jas認証農家もたくさんいます。別記事でも解説しますが、この農家たちこそ、消費者の安全面を第一に考えている本物の有機農家なのです。

 

 

有機jas認証農家の考え方を知ろう

一口に有機農家と言ってもその考え方は様々です。

・有機jas認証を取得せずに有機農家と自称で言っている農家

・認められた農薬は遠慮なく使う有機jas認証農家

・有機の原則に則り農薬を一切使用しない有機jas認証農家

 

そんな農家の野菜で安全性の高いものを見つけるためには、農家の考え方をあなた自身が確かめることです。

気になる野菜があったら、以下のことを農家に聞いてみて下さい。

・なぜ、有機jas認証を取得したのか?あるいは取得しないのか?

・有機jasで使用が認められる農薬を使っているのか?使っている場合はなぜ使うのか?

 

本物は向こうから歩いてやっては来ません。あなたが本物を探す意思が大切なのです。

 

そう言っているお前はどうなのかって?

僕は、有機jas認証を取得していますが、認められた農薬は一切使用しません。

 

【合わせて読みたい】

なぜ農家は、危険だと分かっている農薬を散布する必要があるのか?以下の記事で詳細に解説しています。

まとめ

今日のおさらいです。以下のことを覚えておけば、あなたも有機jasの安全性について正しい理解ができます。

・有機jasは原則、農薬を使用しないことを生産者に指示している。

・ただし、有機jasは特別にやばいときに農薬使用を認めている。

・有機jasで使用が認められる農薬は化学農薬と比べて安全性は高いが、「安全か?」と言われたら、自信を持ってYESと答えることは出来ない。

・有機jasの農産物(有機jasマーク)で判断するのではなく、生産者の考えを確かめてから安全性を判断すべき

長くなりましたが、今日の話は以上です。

あなたの探していた答えは、記事の中から見つかりましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】

有機jasの安全性については、以下の記事でも解説していますのでご参考下さい。

 ⇒なぜ有機jasは安全性が高いのか【結論:栽培記録があるからです】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする