【問題あり】有機jasの危険な有機肥料:有機jasの安全性と肥料の話

有機jasで使用する肥料の安全性について興味がある(調べている)方向けの記事です。

・有機jasで使う肥料と一般の農家が使う肥料は何が違うの?

・有機jasで使用する肥料は安全なの?

記事ではこのような疑問に答えます。

詳細は記事の中で解説しますが、結論から言えば有機jas認証の農産物は、肥料の使い方によっては危険なものになります

□■あなたが記事を読むメリット□■

・有機jasは使用を認める肥料があるが、自ら定めた基準に矛盾していることが分かる

・有機jasの農産物が肥料の使い方で、危険な農産物になっていることが分かる

この記事を書いている僕は、わずか6aの自家菜園級の畑で有機jas認証を取得し、子供の食と健康を専門にしたオーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営している変わり者です(笑)。

自分で実際に有機jasの認証取得し、日々、法律に基づき有機野菜を作っているので記事の信頼性は高いと思います。

それでは早速、今日のお話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




【問題あり】有機jasの危険な有機肥料

タイトルを見て衝撃を受けた方もいると思います。実は、「有機jasマークが付いた農産物であれば全てが安全か?」と問われたら、残念ながら答えはNOです。

有機jasの肥料の考え方

有機jas制度は基本的に農地の外部から、肥料を持ってきて(購入して)農地に投入することを原則認めていません

自分の畑からでた農産物の残渣や、畑にいるミミズや微生物で土を肥やしていきましょう」という考えが原則です。

ただし、これだけでは農産物の成長が悪いことがあります。そんなときは、有機jasで定める肥料なら使っていいことになっています。

有機jasで認められる肥料は以下のような条件があります。

★化学物質が添加されていない(化学的に合成されていない)こと

★原材料の生産段階において組換えDNA技術が用いられていないこと

何だか安全そうな気がしませんか?参考までに、使用可能な肥料のリストを添付しておきまね。⇒別表1 肥料及び土壌改良資材

それいいの?有機jasで認める有機肥料:量と質の問題

なぜ、僕が前段で有機jasの肥料の考え方を話したか?それは、有機jasは使用を認める肥料で制度の中に自己矛盾があるからです。

よく問題視されるのが動物性の堆肥です。家畜の糞や尿を発酵させてから堆肥にする、立派な有機質肥料で循環型農業としても素晴らしい。

これのどこが問題か分かりますか?

日本は牛や豚、鶏の餌の約9割が海外から輸入に頼っています。

参考:飼料を輸入してまで家畜に与える問題~日本が世界の食料を収奪する

ご存じの方も多いと思いますが、海外から輸入される多くの飼料は遺伝子組み換え作物です。

日本に輸送中に腐ったり虫食いに遭ったりしないように、化学的な薬剤処理をされているものもあります

その餌を食べた家畜の糞や尿を堆肥化するということは、堆肥を通して間接的に遺伝子組み換え技術や化学物質を農地に散布していることになります。

堆肥という有機質肥料の精神はよいのですが、その出発点となる原料の質の問題なのです。

そして、このような堆肥をどれだけ農地に散布しても規制がありません(量の問題

堆肥を例に挙げましたが、日本の有機jasは、化学物質や遺伝子組み換えを禁止しておきながら、堆肥によって農地に間接的に投入される化学物質や遺伝子組み換え技術については、禁止していない矛盾を抱えているのです。

厳しい海外の有機認証制度:日本は甘い!

海外の有機(オーガニック)認証ではこの辺り、どうなっているのでしょう。「化学肥料や化学農薬を使用しない」ことは世界の共通になっているようですが、細かなところに違いがあります。

オーガニック認証の基準が厳しいと言われるEUでは、以下のようになっています。

・動物性肥料について農地に投入する量の上限を定めている

・遺伝子組換え作物を食べた家畜の堆肥を禁止(家畜の堆肥を使う場合は、遺伝子組み換えの餌を食べていない等の証明書が必要)

・アニマルウェルフェアに配慮して飼育した動物性堆肥でなければならない

知り合いの有機jas認証農家は、EUに向けて農産物を輸出しています。その方曰く「日本の有機jas認証はEUに比べるとかなり甘い」と言っています。

特に、アニマルウェルフェアについては、日本は世界からかなり遅れをとっています。要するに、日本の家畜の堆肥では、EUのオーガニック認証に通用しないことになります。

参考:日本と海外のアニマルウェルフェアの現状【日本はかなり遅れてます】

肥料から考える有機jasの安全性

ここまでは、有機jas制度の肥料の考え方や問題点について解説してきました。以下、有機jasの安全性について肥料の観点から考えてみます。

 

 

硝酸態窒素をたくさん含んだメタボ野菜の可能性

有機jas認証農家の中に、「農薬や化学肥料を使わず、有機質肥料をたくさん使って野菜を作っています」と自慢される方がいます。

いくら有機jasマークが付いた有機野菜であっても、これはちょっと危険な野菜だと思います。

 

野菜が要求する必要以上の肥料を与えてしまうと、消費しきれなかった肥料分が硝酸態窒素として野菜の中にたまります。

これが野菜の苦味やえぐみの原因にもなり、かつ硝酸態窒素自体が僕たち人間の体にいいものではありません

 

肥料の与え過ぎと硝酸態窒素の関係については、以下の記事で解説していますのでご参考下さい。

 ⇒⇒野菜の選び方を間違っていませんか?色の濃い野菜は栄養価が高い

 

 

有機質肥料より化学肥料の方が安全な場合もある

先程、「有機jasでは化学肥料を使用できない」と書きました。でも僕は、意外と化学肥料を使う方が安全ではないかと思うことがあります。

 

先程書いた堆肥は、基本的に化学肥料とは違い土壌微生物に分解されて初めて吸収が可能な状態になります。

つまり、畑に散布されてから分解の時間がかかるため、長く畑の中にとどまるのです。

※遺伝子組換えや化学物質の餌を食べた家畜の糞尿が、畑に残ることになります。

 

一方、化学肥料は水に溶ければ吸収可能な状態になります。つまり、畑に散布してもすぐに効き土中に長くとどまることがないのです。

化学肥料と有機肥料の違いを、以下の記事でまとめていますのでご参考下さい。  

  ⇒⇒【体験談】化学肥料のデメリットは3つの害:僕が有機肥料を使う理由

 

要するに、劣悪な堆肥を使うと、有機jasに反して遺伝子組み換えや化学物質が土中に長く残存してしまいます。

 

 

肥料面から考える安全な有機jas農産物とは?

「それでは、有機jas認証の農産物は安全でないのか?」ここまで読んでそう思った方もいると思います。

 

結論:有機農業の原則どおりに、農業をしている農家が作る農産物は安全

 

つまり有機jasの肥料の考え方で説明した、「自分の畑からでた農産物の残渣や、畑にいるミミズや微生物で土を肥やしていきましょう」という大原則を押さえた農業です。

僕も含め、有機jas認証農家の中でも動物性堆肥を一切使わない農家もいます。できる限り、余計なことをせず自然に近い状態で育てられたものが一番安全なのです。

 

そして、そのほ場や栽培記録を第三者(検査機関)から毎年チェックしてもらうのが、有機jas認証の安全面における素晴らしいところです。

 

残念ながら、有機農業を原則を押さえた農産物か否かは、有機jasマークからだけでは判断出来ません

購入した有機農産物から、情報をたどり直接農家に話を聞くのが最も近道でしょう。

 

情報をたどり生産者にコンタクトを取る方法は、以下の記事で詳細に解説しています。

 ⇒⇒なぜ有機jasは安全性が高いのか【結論:栽培記録があるからです】

 

まとめ

記事では、一般の消費者からは中々見えない有機jasの裏側を解説してきました。

僕は、あなたに有機jasの素晴らしさを伝えたいと思っていますが、その裏側も知って欲しいと思っています。

有機jasのメリットやデメリットを十分把握した上で、消費者に正しい有機農産物を選んで欲しいと思っているのです。

このブログでは有機jasについて、他にも様々な角度から掘り下げて書いた記事がありますのでどうぞご参考下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【あわせて読みたい】

有機jasの裏側について、農薬の観点から以下の記事をまとめています。興味のある方はご参考下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする