jasマークがついた食品=添加物なし?【有機jas食品の意味を知る】

 

本記事では、有機jasマークがついた食品と添加物の関係を、調べている方向けの記事です。

 

✔本記事のテーマ

本記事のテーマ(説明画像)

 

✔本記事の内容

・jasマークがついた食品の意味=添加物なし?

jasマークがついた食品の意味=添加物なし?(説明画像)

・jasマークがついた有機加工食品と添加物の関係

jasマークがついた有機加工食品と添加物の関係(説明画像)

 

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営しています。

オーガニックと食に精通した僕が書く記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

 

スポンサーリンク




jasマークがついた食品=添加物なし?

・オーガニック(有機)は無添加を意味しない

いきなり結論です。jasマークがついた食品=無添加ではありません。

理由は、以下に書く通り、無添加とオーガニック(有機)性質が全く異なるからです。

 

⇒決まりがない無添加表示

実は、食品表示法などの法律で「無添加」を、どのような範囲まで捉えるかや罰則規定などは、定められていません

 

なので食品会社からすれば、「色んな無添加」の解釈があり、やりたい放題です。

例えば、保存量を使っていないので「無添加」であったり、着色料を使っていないので「無添加」であったり・・・・・

 

保存料が使われていなくても、着色料が使われていて「無添加」と表記しても、行政上のルールで処罰されることはありません

 

あなたも「無添加」と書かれた製品を見つけたら、「何が無添加」なのかを考える習慣をつけて下さい。

もう一度言いますが、無添加表示には決まりがありません

 

⇒決まりがあるオーガニック(=有機)表示

有機jasマークがついた食品はオーガニック(=有機)食品と言います。重要なので以下の記事にまとめています。

※オーガニックと有機は同じ意味です。

 

 

有機jasマークがついた食品は、JAS法という国の法律に従い流通しているので、罰則規定等の決まりがあります

 

このように、無添加であることと、有機jasマークがついている(=オーガニック)は全くの別問題なのです。

多くの方が勘違いをしていることなので、注意しておく必要があります。

 

jasマークがついた有機加工食品と添加物の関係

有機jasマークが付いたオーガニック食品は、日本では有機加工食品と呼ばれ、定義があります

 

・有機加工食品の定義

【有機加工食品とは】

水や食塩、添加物をのぞく原材料の95%が有機農産物によって加工された食品

 

醤油や味噌などの調味料、お茶や珈琲などの飲み物、他にもジャムや果汁ジュースなので様々な有機加工食品があります。

表示の仕方や製品の作り方まで法律で決められていて、違反したら罰則もあります。

 

年に1回、認証機関(第三者)から検査を受けるなど、一般の食品と比べて高い品質が保たれていると言えます

 

原材料の95%は有機jasマークが付された農産物が使用されていますが、全て(100%)が有機(=オーガニック)原材料ではありません

残り5%には、有機でない食材や食品添加物が含まれていても問題ないのです。

 

「オーガニック食品=100%オーガニックで添加物も含まれていない」と思っていた方はご注意下さい。

 

 

・jasマークがついた食品でも添加物使用はOK

 

jas規格では、以下の条件付きで食品添加物を使用することは可能です。

 

○JASで使ってもよいと認めた食品添加物であること

○その食品を製造するのに必要であること

○使用する量は最小限に留めること

○配合割合は、有機でない原料+食品添加物が5%以下であること

 

ちなみに、使ってもよいと認められた食品添加物はリスト化されていて60余りあります

ただ、原則、「食品添加物の使用を避けることを基本とする」とされています。

 

オーガニック食品の一つである、有機豆腐で例を一つ上げます。

豆腐には、にがり(海水からとれる塩化マグネシウム)が製造に不可欠です。

 

にがりは食品添加物に含まれますが、jasでも使用が認められています。

理由は「その食品の製造するのに必要だから」です。

 

その他にも、ゼラチンやカゼイン、ペクチンやエタノールなど、僕達が知っている食品添加物も、有機食品に使用できる食品添加物として認められています。

 

詳細は、「有機加工食品検査認証制度ハンドブック」で詳しく記載されていますので興味のある方はご参考下さい。

 

まとめ

長々と書いてきましたが、今日のポイントは以下のとおりです。

 

・オーガニック食品と無添加食品は全く別物

・オーガニック食品にも添加物が含まれる

 

食材選びは自己責任です。

大切なことは、私達消費者が食材や表示などについて詳しくなり、賢い消費者になることです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする