オーガニック食品は無添加?今さら聞けないオーガニックと無添加の違い

こんにちは。

宮崎県で、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)」を経営しているyoshikiです。

世の中には、オーガニック●●や無添加□□といった、いわゆる健康に良さそうな商品が多く売られています。

あなたは、「オーガニックと無添加って何が違うのか?」と疑問に思ったことはありませんか?

この記事は、そんなあなたのために書きました

記事を読めば、オーガニックや無添加の違いやオーガニック食品の定義について理解が深まると思います。

実は私も当初「オーガニック=無添加」と思っていました。

しかし、正規のオーガニック食品には有機JASマークが付いていても、裏の表示ラベルを見るとしっかり添加物が入っているものもあります。

結論から言えば、オーガニックと無添加は全くの別物です

それでは早速、今日のお話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




曖昧な無添加表示

そもそも「無添加」という表示は、何が無添加なのでしょうか?

当初、私が考える無添加は、食品添加物が全く添加されていないでした。

実は、食品表示法などの法律で「無添加」を、どのような範囲まで捉えるかや罰則規定などは、定められていません

なので食品製造会社からすれば、「色んな無添加」の解釈があり、やりたい放題。

保存量を使っていないので「無添加」であったり、着色料を使っていないので「無添加」であったり・・・・・

保存料が使われていなくても、着色料が使われていて「無添加」と表記しても、行政上のルールで処罰されることはありません

そして、よく注意して見てみると「無添加」と大きくパッケージに表記している隅っこに、小さな字で「保存料無添加」など書いてあり、セコいと思うのは私だけでしょうか?

「無添加」とさえ謳っておけば、消費者は「何となく体にいいもの」、「食品添加物が添加されていない」と思って商品を購入してもらえる

企業のこのような意図が見え隠れしています。

あなたも「無添加」と書かれた製品を見つけたら、「何が無添加」なのかを考える習慣をつけて下さい

無添加表示については、国も問題視しているようで、議論をしてくれているようです。

オーガニック食品って何?

世界のオーガニック認証マーク

オーガニック食品というのは、国内外の有機認証マーク(上画像)がついた食品です。

どの国もそうですが、オーガニックと呼ぶためには、その国の基準を満たし認証団体から認証を受ける必要があります

そして、認証を受けた製品には、必ずオーガニックの認証マークが付けられることになっています。

日本で言えば有機JASマーク、アメリカではUSDAオーガニック、EUはユーロリーフなど、あなたもどこかで見たことがあると思います。

逆に言えば、この認証マークが付いていないものはオーガニック食品とは言えません

ここからは、日本のオーガニック食品の話になります。

日本でオーガニック食品と呼ぶためには、先程の有機JASマークが付いている必要があります

この有機JASマークが付いたオーガニック食品は、日本では有機加工食品と呼ばれていてしっかりと定義があります

【有機加工食品とは】

水や食塩、添加物をのぞく原材料の95%が有機農産物によって加工された食品

醤油や味噌などの調味料、お茶や珈琲などの飲み物、他にもジャムや果汁ジュースなので様々な有機加工食品があります。

表示の仕方や製品の作り方まで法律で決められていて、違反したら罰則もあります

年に1回、認証機関(第三者)から検査を受けるなど、一般の食品と比べて高い品質が保たれていると言えます

原材料の95%は有機JASマークが付された農産物が使用されていていますが、全て(100%)が有機(=オーガニック)原材料ではありません

※残り5%には、有機でない食材や食品添加物が含まれていても問題ないのです。

「オーガニック食遺品=100%オーガニックで添加物も含まれていない」と思っていた方はご注意下さい

添加物については、次のセクションでお話します。

オーガニック食品でも添加物使用はOK

JAS規格では、条件付きで食品添加物を使用することは可能です。

 

 

その条件とは、

 

○JASで使ってもよいと認めた食品添加物であること

○その食品を製造するのに必要であること

○使用する量は最小限に留めること

○配合割合は、有機でない原料+食品添加物が5%以下であること

 

ちなみに、使ってもよいと認められた食品添加物はリスト化されていて60余りありますが、食品添加物の使用を避けることを基本とするとされています。

 

 

 

オーガニック食品の一つである、有機豆腐で例を一つ上げます。

 

豆腐には、にがり(海水からとれる塩化マグネシウム)が製造に不可欠です。

にがりは食品添加物に含まれますが、JASでも使用が認められています

 

理由は「その食品の製造するのに必要だから」でしょう。

 

 

その他にも、ゼラチンやカゼインペクチンエタノールなど、私達が知っている食品添加物も、有機食品に使用できる食品添加物として認められています。

 

 

 

詳細は、「有機加工食品検査認証制度ハンドブック」で詳しく記載されていますので興味のある方はご参考下さい。

 

 

まとめ

無添加食品、オーガニック食品、こだわり食品、、、

 

 

私達消費者は、一体何が安全で何を買えばいいのか、悩みながら日々買い物をしています。

 

 

ここまで読んでくれたあなたは、

 

オーガニック食品と無添加食品は全く別物

オーガニック食品にも添加物が含まれる。

 

ことが分かったと思います。

 

 

大切なことは、私達消費者が食材や表示などについて詳しくなり、賢い消費者になることです。

日本という国が、あなたやあなたの家族の健康を守ってはくれません。

 

食材選びは自己責任なのですから

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする