オーガニックとは何?無農薬野菜やコスメなどに限らない本当の意味

こんにちは。

宮崎県で、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)」を経営しているyoshikiです。

 

 

あなたは、オーガニックについて何をイメージしますか?

 

肥料や農薬を使わない農産物/安全な食品や製品/価格が高い/身体にいい・健康な/オシャレな/コスメやシャンプー・・・・・

 

答える人によって、様々なオーガニックがあると思います。

 

オーガニックには、世界規模で考える広い意味でのオーガニックと、自身の周りに関する狭い意味でのオーガニックの2種類あると私は思っています。

 

あなたが、この記事を読んでいるということは、少なからずオーガニックって何だろう?と素朴な疑問があるはずです。

この記事を読めば、オーガニックが単に無農薬やコスメ・シャンプーなどのものだけを指すのではなく、もっと広い意味でのオーガニックを理解できるはずです。

 

恐らく、先程お聞きしたオーガニックの回答(身体にいい・健康など)は狭い意味でのオーガニックです。

 

「健康によい」とか、「肥料や農薬を使わない安全な農産物」を越えた、本当のオーガニックについてお伝えできればと思います。

 

 

それでは早速、今日のお話を進めていきましょう。

 

スポンサーリンク




オーガニックは4つの原則

広い意味で、本当のオーガニックを考えるには、「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4つの原則を知る必要があります。

これは、国際規模で有機農業を推進している団体である、IFOAM(国際有機農業運動連盟)が掲げているものです。

一つ一つお話していきます。

生態系

生きものの生態系の中に有機農業があります

 

私達の目には見えないかもしれませんが、地球上の生き物は一つに繋がっていてお互い影響しあいながら成り立っています。

 

 

例えば、

 

Chiisanateの畑の中にはたくさんの土壌微生物やオケラがいます。

オケラを食べるモグラがいます。

野菜を食べる虫がいます。

虫を食べるカエルや鳥がいます。

野菜の葉っぱは枯れると土に還っていきます。

土に還るには土壌微生物が分解する必要があります。

 

 

 

私がこの地で有機農業をすることで、生き物の生活環境を作り出し、生態系のバランスが保たれます。

 

 

生産者である私も含めて、全ての生き物がお互いの関係性を尊重しながら生態系の中で暮らしているのです。

 

健康

これは人間の健康だけではありません。

健康な土。

健康な作物。

健康な動物。

そして健康な人間。

生態系の中の全ての生き物が、健康であるということです

有機農業で化学肥料や化学農薬、遺伝子組み換え作物が禁止されているのは、それらが土や作物、虫などの健康を害すものであるからです。

健康な土から健康な野菜が生まれます。

そしてその健康な野菜から健康な人間が作られるのです。

公正

オーガニックに「公正」?

全く関係ないように思えます。

 

 

公正(フェア)は、農業従事者や労働者、流通業者や販売者そして私達消費者が全て公正であることを意味しています

 

 

例えば、海外では奴隷のような扱いを受けて、低賃金で農作物の収穫を行っている子ども達がたくさんいます。

しかし、私達はその実態を何も知らずに、労働搾取された子どもたちが収穫した農産物や加工品を口にしているのです。

 

これは公正(フェア)と言えるでしょうか?

 

 

有機農業は、全ての関係者に良質な生活を提供し、食料主権や貧困撲滅に貢献することが求められています

 

~関連記事~

児童労働の悲惨さについては、「フェアトレード商品が子供を救う~チョコレートに潜む児童労働の問題」に書いていますのでご参考下さい。

配慮

オーガニックは「今さえよければいい」ではなく、次世代の健康や環境などを守るために責任ある行動を取る必要があります

例えば、遺伝子組換え技術。

人為的に作り出される作物が生態系を乱す恐れや、体内に入った後の長期的な影響や安全性は、未だ分からないことが多すぎます。

オーガニックでは、将来に渡って影響が懸念される技術は、排除することによって危険を避けることが求められます

次世代のことを考え、農業や生態系には十分な配慮が必要なのです。

地球上の全ての生き物が幸せになる仕組み

この4つの原則を理解すると、あなたなりのオーガニックについての答えが見つかるはずです。

 

「オーガニックってどういう意味ですか?」と問われたら、私は次のように答えます。

 

 

「地球上の全ての生き物が幸せになる仕組み」

 

 

4つの原則の中には、決して、人間(=オーガニック製品を購入するヒト)だけが幸せになること言っていません

 

 

土壌微生物、畑にいる動物や植物、飼育されている家畜、農業者、販売者や消費者など地球上の全ての生き物が幸せになる仕組みがオーガニックにはあります

 

 

 

最近、お金を儲けるため(付加価値があり高く売れるから)に、オーガニック製品を作ったり扱ったりする事業者も多いですが、オーガニックの原則からはかけ離れています。

 

 

私達はそんな偽物オーガニックには、騙されないように注意する必要があるでしょう。

 

あなたらしいオーガニック

「オーガニックってどういう意味ですか?」と問われた時に、百点満点の答えは存在しないと私は思います。

 

 

答える方が、冒頭でお話した狭い意味でのオーガニックかもしれません。

 

肥料や農薬を使わない農産物/安全な食品・製品/価格が高い/身体にいい・健康な/オシャレな・・・

 

オーガニックとは、このような答えでも正解だと思うのです。

 

 

何でも構わないので、まずは、オーガニックに興味を持つことが大切です。

 

そして、例えば、「肥料や農薬を使わない農産物」とあなたが思っているのであれば、なぜ肥料や農薬を使わないのかを深く掘り下げて調べてみる。

 

 

調べると、化学肥料や化学農薬を使用するれば、土が傷んだり関係ない虫が死んだりすることが分かります。

そして、オーガニックは自分の身体によいだけでなく、周りの生き物にもいいことが分かるはずです

 

 

あなたの興味のあることから、「あなたらしいオーガニックを見つける」ことが一番大切だと私は思います

 

まとめ

オーガニックと一口に言っても、その意味はとても深いことがお分かりいただけましたか?

 

 

オーガニックとは、単なる有機農法やシャンプーやコスメなどの製品を指しているだけではありません。

貧困や公害、環境汚染や食料危機など、世界で起こっている様々な問題と関係しているのです。

 

 

それらの諸問題を解決する仕組みが、オーガニックにはあります。

 

 

もし、今のあなただけではなく、お子様が大きくなったときに住む未来の地球が、みんな笑顔でハッピーなっていればどんなに素敵なことでしょう。

 

 

簡単でも構いませんので、初めてみませんか?

あなたらしいオーガニックライフを・・・・・

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする