フェアトレード商品が子供を救う~チョコレートに潜む児童労働の問題

こんにちは。

宮崎県で、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)」を経営しているyoshikiです。

あなたは「フェアトレード」という言葉を、聞いたことはありますか?

この記事は、日本ではあまり耳にすることのない、「フェアトレード」をあなたに知って欲しくて書きました。

記事を読めば、海外で生産される安い農産物(原材料)は、現地の人々の労働搾取の上に成り立っていることが理解できます。

フェアトレードを直訳すると、「公平・公正な貿易」です。

発展途上国の農産物や作られる製品を、適正な価格で購入するとことで途上国の生産者や労働者の生活や自立を支える貿易の仕組みです

私達が安い製品ばかり求めることで、世界の貧困を助長しているかもしれません。

それでは早速、今日のお話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




労働者搾取の上に成り立つ安い製品

私は飲食店を経営しているため、様々な食材や飲み物を調達する必要があります。

例えば、食後に提供する珈琲を調達するために、ネットで調べると価格は激安から高級なものまでピンきりです

日本は珈琲豆をほぼ輸入に頼っているのですが、なぜ激安な豆があるのでしょうか?

理由は、大量の農薬を使って生産性上げていることや、現地の生産者や労働者の正当な賃金を払わず奴隷のような扱いで作られた珈琲豆だからです。

そのような珈琲豆を扱っている会社の製品は激安です。

飲食店ならこの激安珈琲豆を購入して、利益を乗せてお客様に提供すれば儲けるでしょう。

でも私達Chiisanateは、そんな激安豆を扱いません。

なぜなら、自分たちがそれを購入することで、現地の生産者や労働者を搾取して、利益を得ている企業と全く同じになってしまうからです。

私は、そんな心の貧しい経営者にはなりたくないと思っています。

珈琲豆に限りません。

バナナやチョコレートなど、あらゆる食べものを世界中から輸入する日本。

あなたは、それらが生産されている現地の人たちを考えたことはあるでしょうか?

輸入される安い製品の多くは、労働搾取の上に成り立っているのです。

チョコレートの悲しすぎる現実

フェアトレードを考える際に、必ずあがるのがチョコレート問題。

子供から大人まで皆が大好きなチョコレートですが、原材料のカカオの生産地アフリカでは、目も当てられない悲しい現実があります。

日本で生活していれば信じられないかもしれませんが、未だに子供を奴隷として買い取る人身売買が行われています

まるで物のように、売り買いされる子どもたち。

そして彼ら彼女らは、チョコレート原材料であるカカオ農園で過酷な労働に従事します。

私の子供は今7歳ですが、そのような幼い子供たちが日々、大量の農薬を体に浴びながら、刃物を使った危険な労働や、何十キロもの麻袋を運搬することなど朝から晩まで強制的に働かされています

当然、学校なんか一度もいったことがありません。

文字も読めない子がたくさんいます。

私達がコンビニやスーパーで買うチョコレートのほとんどが、児童の過酷な労働から生まれているのです

フェアトレード製品を選ぼう

この子たちを助けるために、私達ができることは、フェアトレード認証のラベルが付いた製品を選ぶことです。

認証のラベルが貼られた製品は、生産者の労働条件や生活に必要な最低限の賃金を支払うなど、公正は取引を満たすための基準に従っていることを保証しています

実際は、フェアトレードを謳っている農園でも、表上のフェアトレードで農園内部では過酷な労働条件で子供を働かせて農園主も多いと言われています。

そんな形式上のフェアトレード認証は、意味がないと言う方もいます。

それでも、私は、この認証マークによって、児童の強制労働や貧困問題と安価な製品が、密接に関わっていることを消費者が知るいい機会になると思うのです。

私達が仕事をしても給料がでないとか、会社で作ったサービス・製品が買い叩かれて信じられないくらい安くなる。

こんなことは絶対間違っていて、私達日本人ならどこかに抗議するはずです。

フェアトレードは、そんなことを辞めましょうと言っているだけで、決して特別な制度ではないのです。

ごくごく当たり前の制度だと私は思います。

なので、社会貢献や恵まれない子供を救うというより、歪みのない真っ直ぐな製品と取引を支持するという観点から、フェアトレード製品を選ぶことが必要だと私は思います。

要は、あなたの心の中にある正義感の問題だと思うのです

オーガニックでも求められるフェアトレード

実はこの「フェアトレード」。

オーガニックの理念の中の1つに含まれています。


オーガニックには、以下の4つの原理があります。

・健康の原理

・生態敵原理

・公正の原理

・配慮の原理


フェアトレードは、この4つの原理の中で「公正の原理」に入ります。

オーガニックは生産者や労働者を含む、全ての関係者に良質な生活を提供し、貧困撲滅に貢献することが求められています

「自分さえ健康であればよい」といった考えは、オーガニックではないのです。

詳細は、「オーガニックとは何?無農薬野菜やコスメなどに限らない本当の意味」に書いてありますのでご参考下さい。

まとめ

物が安く購入できることは、私達消費者にとってありがたいことです。

 

 

でも、私達が過剰に安さを求めると、その裏側には何百、何千人もの搾取される労働者がいることを決して忘れてはなりません

 

 

オーガニックとは、単なる有機農業を指すのではなく、このような労働搾取や貧困なども含めて考える必要があります。

 

 

Chiisanateは飲食店ですが、飲食店としてできるオーガニックを日々考えて営業していくことが大切ですね。

そして、あなたにもできるオーガニックが必ずあるはずです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする