マーガリンがやばいは本当か?バターとの違いとトランス脂肪酸の話

本記事では、マーガリンがやばいと言われる理由や、トランス脂肪酸の危険性、マーガリンとバターの違いなどを詳細に解説します。

 

✔本記事のテーマ

本記事のテーマ

✔本記事の内容

・トランス脂肪酸は危険なのか【マーガリンがやばいと言われる理由】

トランス脂肪酸は危険なのか【マーガリンがやばいと言われる理由】

・マーガリンとバターの違いは何か

マーガリンとバターの違いは何か

・マーガリン=危険、バター=安全と決めつける【これは偏った考え方です】

マーガリン=危険、バター=安全と決めつける【これは偏った考え方です】

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営しています。

オーガニックと食に精通した者が書いた記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

スポンサーリンク




マーガリンがやばいは本当か?バターとの違いとトランス脂肪酸の話

結論から言うと、「常識の範囲内でのマーガリン使用は、健康上問題ない」です。

やばさで言うなら、むしろ、パンや焼き菓子などに使用される「ショートニング」、即席麺やファーストフードで使われる油です。

なぜならこららには、やばいと言われる原因物質のトランス脂肪酸がマーガリンより多く含まれているからです。

重要なのは、トランス脂肪酸を体内に取り込む量(摂取量)なのです。

・トランス脂肪酸は危険なのか【マーガリンがやばいと言われる理由】

マーガリンとセットで、いつも注目されるトランス脂肪酸を深く考えてみます。

⇒確かに危険性が指摘されるトランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、世間的に「トランス死亡酸」などと揶揄されるほど、危険なものとされています。

なぜなら、人工トランス脂肪酸の過剰摂取は、WHO(世界保健機関)などが以下のような危険性を認めているからです。

「悪玉コレステロールの増加」、「善玉コレステロールの減少」、「心血管疾患」

他にも、突然死や糖尿病、メタボのリスクも指摘されています。

そのようなこともあり、世界は規制や撲滅の方向で動いているようです。

しかし、日本ではまだ規制をかけていないのが現状です。

⇒添加物ではないトランス脂肪酸

実は、トランス脂肪酸は食品添加物ではありません。以下、簡単な説明だけ。

トランス脂肪酸は、あえてマーガリンに添加するのではなく、硬化油というマーガリンのモトを作る段階で発生するものです。

なので、マーガリンの表示には下画像のように「トランス脂肪酸」とは書いてありません。

マーガリンは、口溶けの良さや適度な硬さを再現するために、食用精製加工油脂が使用されています(赤四角枠)。この食用精製加工油脂の製造過程で、トランス脂肪酸が発生するのです。

しかし、国として表示の義務がないので、画像のマーガリンの表示からは、食用精製加工油脂としか記載されていません

これでは、トランス脂肪酸が含まれるか、含まれないか判断できませんよね。

これがマーガリンはやばいと言われる理由です。

⇒2種類あるトランス脂肪酸

ちなみに、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は人工のものですが、バターにもわずかですが、天然のトランス脂肪酸が含まれています。

危険だと言われているのは、マーガリンに含まれる人工のトランス脂肪酸の方です。

・マーガリンとバターの違いは何か

次に、「マーガリンとバターはどちらが安全か?」について考えてみます。

 

⇒原材料から見るマーガリンとバターの違い

マーガリンとバターの大きな違いは原材料です。

 

バターは成分の80%以上が牛乳などの動物性脂肪です。

一方、マーガリンは成分の80%以上がコーン油、大豆油、パーム油、綿実油などの植物性脂肪です。

 

⇒作り方から見るマーガリンとバターの違い

バターはいたってシンプルです。ざっくりですが、牛乳などに含まれる脂肪分を抽出して固めただけです。

 

一方、マーガリンは、植物性脂肪を原料とした硬化油に水や乳化剤、バター香料や着色料を混ぜて作られます。そして、多くが、バターにできるだけ近づけるため食品添加物を加えています。

ここまで見ると、多くの添加物を使っているマーガリンの方が体に悪いと言えそうですね。

 

⇒【余談】ファットスプレッドとマーガリンの違い

スーパーでは、カロリーハーフと謳われた、ファットスプレッドも売られています。

 

「ファットスプレッド」は、80%未満の植物性油脂で作られるマーガリン様食品のことです。

ファットスプレッドは80%未満の植物油脂であれば、50%でも30%でも構いません。

 

油を大幅に減らすのでカロリーも大幅に減らせます

 

お店ではよく、カロリーハーフとして売られています。

カロリーハーフとは、植物性油脂を半分にしたということです。但し、油をカットした分水っぽくなります。

それを防ぐために、さらに多くの食品添加物を使って硬さを再現するのです。

 

なので、「カロリーハーフ」と書いてあっても決して、健康にいいわけではありませんのでご注意を

 

バターとマーガリンとファットスプレッドの違い

バターとマーガリンとファットスプレッドの違い(管理人作成)

マーガリン=危険、バター=安全【これは偏った考えです】

ここまで読めば、製造工程で添加物が加えられ、人工のトランス脂肪酸が発生するマーガリンの方がバターより危険と思われるでしょう。

事実ですが、「ちょっと短絡的で、急ぎ過ぎた結論かなぁ」と僕は思います。

理由は以下のとおりです。

・添加物やトランス脂肪酸には基準がある

食品添加物やトランス脂肪酸には、必ず体内に取り込んでも害がでない量が決まっています

※逆に言えば、その基準に従った摂取であれば健康上の問題はありません。

例えば、トランス脂肪酸で言うと、トースト1枚に塗るマーガリンは5グラム前後で、その中に含まれるトランス脂肪酸は0.25gです。

トースト2枚でもトランス脂肪酸は0.5gなので、WHO(世界保健機関)が「これ以上は摂取しないでね」と示す安全基準以下となります。

朝からトースト10枚以上食べる方はいませんよね。

週刊誌などが「食べたら死ね」といった、「体内に取り込むとすぐに危険」のような煽り報道を展開します。

でも、常識の範囲内でマーガリンを使用すれば、すぐに危険というわけではないので安心しても大丈夫です。

【関連記事】

・ゼロリスクのない食品

バターの方が安全だと思っていても、体内に取り込み過ぎは危険と言えます

バターは、動物性の油脂なので植物性のマーがリンに比べて、コレステロール値が上がりやすくなるからです。

バターの食べ過ぎは、肥満や動脈硬化などの原因にもなり、手放しに安全とは言えないことは分かりますよね。

どんな食品も食べ過ぎれば体に害です。僕らは皆、そんなリスクを許容しながら毎日、食品を口にしているのです。

まとめ:リスクを見極める

食の安全について、いろんなデマや嘘がネット上で拡散されています。

 

僕ら消費者に必要なのは、自分なりに情報を集めて組み合わせ、分析して判断することです。

ネットに落ちている情報を調べもせずに信じ込むことは、逆に危険だと思います。

 

マーガリン=トランス脂肪酸=危険と短絡的に情報から判断するのは、辞めましょう。

マーガリンとバターの違いや、それぞれのメリット・デメリット、そして許容できるトランス脂肪酸の量などを調べた上で、自分なりの答えを導き出す必要があります。

 

僕達が口にする食べ物に、ゼロリスクはあり得ません。何を食べても何らかな危険性は存在するのです。

 

僕達がどれだけリスクを許容して、食品を選ぶかにかかっているのです。

参考:食品添加物の危険性はリスク管理で緩和、上手な添加物との付き合い方

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする