Chiisanateのオーガニックランチ~2月のお重箱~

トップ画像はイメージです(今月のものではありません)

こんにちは。

やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)のオーナー をしている高城です。

1月は比較的暖かったのですが、寒さが次第に戻ってきた2月。

今年は暖冬のせいか、全国的に野菜は豊作で農家の皆さんは困っている様子

なぜ、豊作になると農家は困るのか?たくさん野菜ができたら嬉しいはず

と思ったあなたは鋭い。

野菜にも工業製品と同じように需要と供給のバランスがあって、たくさん野菜ができると値段は下がります

一生懸命作ってたくさん収穫したのに、野菜の価格が安いので儲けがない。

農家は今、このような状態になっています。

今年は、Chiisanateのお野菜も豊作ですよ~。

さて、話は長くなりましたが、今日は、「やさいの庭 Chiisanate」月のお重(ランチメニュー)の紹介です。

今月は人参やスティックセニョール蕾菜(つぼみな)米良や紅芯などの大根系や、菜花・紅菜苔などのお花系まで、色んなお野菜を使っています。

宮崎の方は見たことのない野菜も多いハズ。

お重箱を開いたとき、「これ、何の野菜だろう?」と少し首をひねって考えているお客様を想像しながら、種まきしている意地悪な私です(笑)

春はもうすぐです。

心も身体も五感も全て満たされるランチ、季節感が楽しめるランチを目指している欲張りなChiisanateです。

それでは早速、今月のお重箱の中身を見ていきましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

毎月楽しみに来店されるお客様がいらっしゃるため、お料理の写真は掲載しないことにしています。

来店されてからのお楽しみということでお許しくださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

スポンサーリンク




今月のお品書き

2月のお品書きは上画像のとおりです。

メイン料理は2品目の中から、1つを選ぶ選択性になっています。

※ベジメニューは1つ。お肉メニューは1つです。

選択性のメイン以外は共通メニューです。

共通メニューは「紅芯大根のナムル」から「さつまいもとトレビスのサラダ」まで全9品で構成されています。

今月も有機食材(有機野菜や有機調味料)を多く使用しております。

どの品目にどのような有機食材を使用しているか興味のある方は、下画像をクリックしてご確認下さい

メイン料理の紹介

今月のメインの紹介です。

ベジ(お肉を使わないメイン)かお肉(お肉を使うメイン)のつの中から、1つだけ選択できます

【ベジメイン】

豆腐と根菜のハンバーグ

みんな大好きハンバーグを、豆腐と野菜たっぷりで作りました。

結構、ズシッとして、食べ応えはありつつも、軽く食べられて、もたれなくて、いいと思います!

玉ねぎたっぷり濃厚ソースがまた美味い。

【お肉メイン】

古処鶏の唐揚げ おろしポン酢

大事に育てられた、美味しい古処鶏をカラッと唐揚げに。

それに甘みの中にもピリッと辛い米良大根おろしと、橙で作ったポン酢をおつけします。

さっぱりお召し上がり下さいね。

陽子さんお勧めの一品

今月の共通メニューの中から、Chiisanateのシェフである陽子さんから選ぶお勧めの一品を紹介します。

今月のおすすめは、蕪と青菜のじゃこ炒めです。

 

多めのオリーブオイルで焼き付けて塩をした蕪は、そのままでももちろん美味しい!

とろんとしていて、「大根とはやっぱり違うなあ~」と思わせられます。

 

そこに、蕾菜の葉っぱの部分をじゃこと一緒に炒めたものと併せます。

蕾菜の葉っぱは、高菜のようなからし菜のような味で、これはこれで美味しい。

 

優しい味の蕪と、キリッと大人の味の蕾菜の葉っぱを合わせることで、美味しいリズムができました

 

じゃこも惜しみなく入っています。

 

ちなみにこれはお客様からのいただきものです。

ありがとうございます、H様♡

 

 

今月のオススメお野菜

今月のお勧め野菜は、蕾菜(つぼみな)です。

宮崎の方で、この野菜を知っている方は少ないのではないでしょうか?

茹でても焼いてもでも食べることができる万能野菜です。

2月の始め頃から長くても3月下旬までしか収穫出来ない、旬野菜の代表格です。

口に含めば、「春を食べている」そんな感じになれますよ。

福岡県で開発された野菜で、からし菜の変種とされています。

肝心のお味は・・・・・・

・アブラナ科野菜特有のホロ苦さ

・生での食感はコリコリ、天ぷらや茹でればポックリとした不思議な食感

ざっくり言うとこんな感じですが、詳細はご来店されてからのお楽しみです。

栄養分としてはGABA(γ―アミノ酪酸含量)βカロテンビタミンEなどを豊富に含み健康維持効果もバッチリです。

蕾菜(つぼみな)は昨年の8月27日に種を植えました。

畑に定植したのは、夏の残暑がまだ残る9月30日で、11月に1度だけ自分で作った肥料をまきました。

後はいつもどおり、収穫まで何もしない放ったらかし農法です。

今月は、蕾菜(つぼみな)の天ぷらとして登場します。

有機野菜ノート

画像クリックで栽培記録が閲覧できます

Chiisanateが作るお野菜やハーブは約束があります。

有機JAS認証ほ場で作っているため、種をまいた瞬間から収穫・出荷するまで

​JAS規格に適合していなければなりません。

JASでは作る野菜について、しっかりと記録をとることが求められます

Chiisanateは飲食店でもあるため、お客様に対して説明責任があります。

なので、毎月、Chiisanateで作る有機野菜の栽培記録は皆様に公表しております。

農薬や化学肥料の使用が気になっている方、いつ種をまいて、どのように育てたのか気になっている方、是非、ご覧になって下さいませ(上の画像をクリックすると、細かな栽培記録が閲覧できます)。

Chiisanateの野菜がどのようなコンセプトで作られているかを知りたい方は、「Chiisanateの有機野菜はこうして作る~安全で美味しい野菜を作るために」にまとめていますので興味があれば覗いてみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする