有機jas認証取得のメリットとデメリットの比較【体験者談です】

有機jas認証を取得しようか迷っている方向けの記事です。

★有機jas認証の取得を考えているけど、取得するメリットはあるの?

★逆に有機jas認証を取得するデメリットってあるの?

★メリットとデメリットを比較してどう行動すればいいか教えて欲しい

記事ではこのような疑問や悩みに答えます。

【メリットやデメリットにどのようなものがあるか?】

有機jas認証取得という大きな壁に登ろうとするとき、僕が一番心配だったことです。

□■この記事を読んで分かること□■

・ぶっちゃけ有機jas認証取得はメリットよりもデメリットの方が多い。

・でも、そのデメリットに対して真摯に向き合えば必ずあなたの武器になる。

この記事を書いている僕は、わずか6aの自家菜園級の畑で有機jas認証を取得し、子供の食と健康を専門にしたオーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営している変わり者です(笑)。

自分で実際に有機jasの認証取得し、日々、法律に基づき有機野菜を作っているので記事の信頼性は高いと思います。

それでは、早速話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




結論:取得目的が不純ならデメリットの方が大きい

まずはサクッと結論からお話します。有機jas認証の取得に関してメリットとデメリットを比較すると、圧倒的にデメリットの方が多いと思います。

 

その理由は、次のセクションで解説しますが、慣行農業に比べて普段の農作業以外にたくさん仕事が課せられるからです。

こう聞くと、じゃあ「有機jas認証取得は辞めよう」と思う方もいるかもしれませんが、心配しないで下さい。

 

あなたが、なぜ、「有機jas認証を取得しようと思ったのか?」

この目的が不純でなければ、必ずデメリットをあなたの武器にに変えることができます

 

有機jas認証の取得についてどのようなマインドが必要かは、以下の記事で解説していますので、気になる方はご覧ください。

 ⇒⇒小規模農家は有機jas認証を取得できる?【方法でなく目的が重要です】

 

この記事では、有機jas認証の取得前と取得後に分割して、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

認証取得のメリット・デメリット比較

まずは、認証を取得する前のメリットとデメリットの比較です。

有機jas認証取得前のメリット

・取得するための情報収集の中で、有機農家や有機農産物について知識が深まる

 ⇒例えjas認証取得を断念しても、情報収集の中で有機農家の栽培管理方法や有機jasマークの管理の仕方などを知ることになります。この情報は、必ずあなたの日々の農業のあり方にプラスになることだと思います。

取得前のメリットと言えば、これくらいだとい思います(僕の場合ですが)。

ただ、取得の目的が「親や知人に勧められた」など、そもそも取得に関してモチベーションが低い方は、逆に情報収集が苦痛でデメリットになったりします

有機jas認証取得前のデメリット

・とにかく情報収集の量が半端なく、日常業務との並行ではきつい

 ⇒認証取得の流れや申請に必要な様式、jas法のことなど疲れた体にムチを打ちながらの作業です。誰か助言してくれる方が近くにいれば効率的に進めることができますが、自分一人で一からだとしんどいです。

・今後、化学肥料や農薬を使用できないことによる不安

 ⇒これは精神的なデメリットです。情報収集の中であなたは、使える肥料や農薬に限りがあることを知ると思います。

自分が今まで使っていた化学肥料や化学農薬を一切断ち切り、今のような収量を確保できるのか?毎日不安になると思います。

もし、認証取得を考えているのであれば、メインほ場とは別に試験的に化学肥料や農薬を使わずに育ててみることをお勧めします。

・膨大な資料作成と日々の記録管理

⇒上記2つのデメリットを受け入れ、認証取得ために行動する決断をしたあなたを待ち受けているのは、膨大な申請資料の作成と日々の記録付けです。

申請資料ははっきり言って役所の中で使うような難しい資料です(元役所で働いていた私が言うから間違いない!)。

そして疲れた体にムチを打って、今日行った作業をノートやパソコンで記録する必要があります。しかも、申請する日まで毎日で、仮に無事認証を取得してからも毎日続きます

認証取得のメリット・デメリット比較

前セクションで書いた精神的な不安や膨大な資料作成、日々の記録管理を乗り越え晴れて有機jas認証を取得して有機農家になったあなた。

 

このセクションでは、認証を取得した後のメリットとデメリットの比較です。

 

 

有機jas認証取得後のメリット

・モチベーションの向上で意識が高くなる

 ⇒自分は厳しい審査をクリアした、日本でも少ない有機jas認証農家という自負が心の中に芽生えます。これはとても良いことで、有機農家として今までよりも一層、安全な農産物を作ろうとする意識が高まります。

 

・有機jasマークを農産物に貼れるようになる

 ⇒当たり前ですが、認証を取得すると有機jasマークを自分の農産物に貼れます。簡単に書きましたがこれは凄いことです。マークが付いている農産物がほとんどないマーケットで、自分の農産物が輝いて見えます。当然、やる気につながります。

 

 

有機jas認証取得後のデメリット

これはもう書きたくないくらいたくさんあります(笑)。私が特に負担だと思うものを書いておきます。

 

・日々の栽培記録やjasマークの管理等が大変

 ⇒認証取得前で書いたデメリットと同じです。認証取得後も引き続き毎日の栽培記録を録る必要があります。

さらにこれだけでは終わりません。取得後は、いつ、どこにどれだけ出荷したのかや、添付したjasマークは何枚か等、栽培記録以外にも録るべき記録があります

「収穫⇒出荷して終わり」。普通の農家ならこれで済みますが、有機jas認証農家はそうはいきません。

 

・収量が確実に落ちる

 ⇒これまた精神的にかなりきついです。有機的管理をして1年くらいは、今まで使っていた残肥のおかげで化学肥料を使用しなくても、ある程度収穫量は確保できます。

ここで、「有機農業でも行ける!」と私は勘違いしました。問題はそれ以降です。

 

私はほとんど肥料を与えない主義なので、2年目の収量は散々でした。例えて言うなら、玉ねぎがピンポン玉くらいの大きさです(笑)。

私はレストランを経営していて、小さい玉ねぎでも料理で加工して使うので何とかなりましたが、農家だけで生計を立てるのはとても難しいと思いました。

 

詳細は以下の記事で紹介しています。

 

・毎年、検査官から検査を受ける:その費用は自腹

 ⇒毎年、jas法に則りしっかり栽培・管理・出荷されているか、記録関係はしっかり録っているかなど、第三者である検査官から厳しいチェックを受けます。しかも、検査費用や検査官の交通費まで自腹です。

 

・当初思っていたように農産物が売れない

 ⇒有機jasマークを付けた自分の農産物は特別なので、「少し高くても売れるだろう」と皆思っているはずです。しかし、これはあなたの妄想です。

最初から消費者が周りより割高なあなたの有機農産物を手に取ることは、ほとんどないでしょう。

大事なのは、有機jas認証を受けた農産物ではなく、あなたが、あなたの農産物をどのようなストーリーを付けて販売するのか?どのようにお客様を見つけるか?です。

 

 

細かいことを書けばまだまだ、たくさんありますがこの辺りで辞めておきます。

メリットよりデメリットの方が多いことを、ここまで読んでくれたあなたは分かったはずです。

 

僕は思う:それでも有機jas認証を取得する価値あり

やはり有機jas認証を取得するのは辞めたほうがいいのか?あなたは悩むと思います。

それでも僕は、「有機jas認証を取得して良かったと思っています」。

正直、デメリットの方が多いですが、そのデメリット一つ一つに真摯に向き合い、質の高い農産物を作ることに努力をします。そして、消費者にその想いを一生懸命に伝えると、売れなかった有機農産物が少しずつですが売れるようになります

有機jas認証を取得するのは凄いことですが、それで終わりではありません。

大変なjas認証の基準を守りながら、質が高く消費者を裏切らない農産物を作り続ける努力や試行錯誤の過程が、あなたの農産物を食べるお客様に共感を与えるようになるのです。

そして、ストイックに努力し続けているうちにデメリットと思っていることは、いつの間にか他の農家が作った農産物を寄せ付けない武器になります

まとめ:有機jas認証はあなたの本気度を図る物差し

今日は有機jas認証について、メリットとデメリットを詳しく解説しました。

記事にも書きましたが、有機jas認証はあくまでも、守るべき最低の基準と考え、日々の栽培管理や売り方を研究する必要があると僕は考えています。

有機jas認証はあなたの本気度を図る物差しなのです。

デメリットも多いですが、それに負けないくらいの喜びも多いですよ^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】

有機jas認証を取得するまでに私が経験したことを以下の記事でまとめています。失敗談満載なので、一発で認証取得を考えている方は是非ご覧ください。

失敗しない有機jas認証を取得する方法【僕の実体験です:1年目】

失敗しない有機jas認証を取得する方法【僕の実体験です:2年目】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする