安全な醤油の選び方+おすすめ醤油5選:オーガニックレストラン厳選

本記事は、安全な醤油の選び方や、おすすめの醤油を探している方向けの記事です。

前半で安全な醤油の選び方を解説した後、後半でおすすめする安全な醤油を5つ紹介します。

✔本記事のテーマ

本記事のテーマ(説明画像)

✔本記事の内容

・安全な醤油の選び方

安全な醤油の選び方(説明画像)

・おすすめする醤油5選【パターン別紹介】

おすすめする醤油5選【パターン別紹介】(説明画像)

・偽物醤油で滅ぶ家庭の味

偽物醤油で滅ぶ家庭の味(説明画像)

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate」を経営しています。

オーガニックと食に精通した僕が書く記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

安全な醤油の選び方+おすすめ醤油5選

・安全な醤油の選び方

結論から言えば、日本で最も安全性の高い醤油は有機jas認証の醤油です。理由は以下のとおりです。

・水や塩を除いた原材料の95%以上が有機農産物(有機jas認証)である

・加えて醤油を作る製造工場自身も有機jas認証を取得している

いわゆる、本物の醤油と呼ぶには、原材料に大豆、小麦、塩が含まれています。逆に言えば、この3つ全てが含まれていない醤油は偽物です。

参考:その醤油は本物?それとも偽物?【食卓に紛れ込む偽物調味料の話】

⇒質が高く安全面で信頼できる有機jas認証の醤油

有機jas認証の醤油は、使用される大豆や小麦が化学肥料や農薬を使用せず育てられた、遺伝子組み換えなしのオーガニック農産物です。

さらに、醤油を作る工場は、「オーガニック農産物が他と混ざらないか」や「jasで禁止された添加物を使用していないか」など外部から毎年、厳しいチェックを受けています

原材料で有機認証を受け、さらに、醤油の製造も有機認証を受ける徹底ぶりなので他の醤油とは安全性が別格です。

中には有機と謳っていても、偽物が紛れ込んでいます。正規の有機食品には必ず、有機jasマークが付いているので必ずマークが付いた醤油を選びましょう

有機jasマークが付いた食品について知りたい方は、以下の記事で解説していますのでご参考下さい。

・おすすめする醤油5選【パターン別紹介】

このようなことから、僕がおすすめできる醤油は全て有機jas認証の醤油です。

商品・会社名

対象

原料等

金沢大地

有機醤油こいくち

原料に徹底的にこだわる方向けの醤油

有機大豆(石川県)、有機小麦(石川県)、食塩/天然醸造

海の精 

旨絞り醤油

塩へこだわる方向けの醤油 有機大豆、有機小麦、塩(海の精)/天然醸造

無添加醤油の老舗

丸島醤油

1つの会社から予算に応じて選びたい方向けの醤油 有機大豆、有機小麦、塩/産地、製造方法はそれぞれ

フンドーキン

特選有機醤油

コスパ重視の方向けの醤油

有機大豆、有機小麦、天日塩/ 天然醸造

キッコーマン

特選有機醤油

スーパーで手軽に買いたい方向けの醤油

有機大豆(アメリカ産)有機小麦(カナダ産)、塩

※表中の醤油は全て、管理人がレストランで使う醤油を選ぶ際に検討したものです。

⇒原料に徹底的にこだわる方向けの醤油

金沢大地 有機醤油こいくち

この醤油の凄いところは、醤油の原材料ある小麦と大豆の生産を、全て「金沢農業」という農業部門で作り、醤油にして自社「金沢大地」で販売しているところです。※醤油の製造は有機jas認証工場に委託

この投稿をInstagramで見る

こんにちは! 先週のFREE PAPER金沢情報を見られましたか?📖 金沢大地の有機醤油こいくちをご紹介いただきました! (p7をご覧ください🥰) . こちらのお醤油は、日本の有機JAS認定工場の兵庫県足立醸造の木桶で熟成させています。 金沢大地のお醤油は、自社農場で栽培した有機大豆・有機小麦・食塩(瀬戸内海の海水)だけで作られています。 とってもシンプルで安心なお醤油✨ それに加えて、ご紹介頂いた通り風味がとても良く、味もしっかり、料理全般にお使い頂くことができます。 金沢大地の自社農場で作られた有機原材料の醤油は、この他にも「うすくち」「田舎醤油」「滉(あきら)」と冬季限定「生(なま)醤油」の全5種類ご用意しております。. それぞれ個性があり美味しいお醤油なので、またの機会に紹介しますね🤤 ちなみに❣️ 写真のフリージアも金沢大地の野菜チームが農薬を使用せずに環境保全に努めながら育てています。 花が開いてきて香りもフワリ、店頭もパッと鮮やかに。 では、週末もたなつやでお待ちしております👣 #たなつや#金沢大地#金沢#近江町市場#近江町#有機醤油#醤油#こいくち#オーガニック醤油#金沢大地のお醤油 #足立醸造 #フリージア #tanatsuya#kanazawa#omicho#omichomarket #soysause#organicsoysauce

たなつや(@tanatsuya.kanazawa)がシェアした投稿 –

 

自社で種まきをして原料を調達して醤油を作り販売します。もちろん、「金沢農業」は有機jas認証のほ場で生産し、委託製造する醤油の加工場も有機jas認証を取得しています。

 

通常、有機jas認証の醤油であっても生産者を追うことはできません。それが可能な金沢大地の有機醤油は、間違いなく日本でトップクラスの安全性の高い醤油でしょう。

⇒塩へこだわる方向けの醤油

海の精 旨絞り醤油

 

醤油づくりに欠かせない原料の一つは塩です。大豆や小麦にこだわる醤油は多いですが、これは塩にこだわった醤油です。 


 

通常の塩は、イオン交換膜法という方法で作られ、辛く刺激的な味となります。

一方、「海の精の塩」は、伊豆大島の海水を原料に、天日や平釜を使った、伝統的な方法で作られます。

ナトリウムの他に、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど微量のミネラルも含んでいます。それらが甘さやうま味となり、塩辛いだけではない、美味しい塩になります

 

塩以外の材料である、大豆、小麦も国産の有機のものを使用しているので安心です

塩を変えると、料理の味や体調は確実に変わります。毎日使う醤油だからこそ、塩にこだわってみてはどうでしょうか。

⇒1つの会社から予算に応じて選びたい方向けの醤油

無添加醤油の老舗 丸島醤油 

 

ネット上で、たくさんの会社の醤油を比較することに疲れませんか?

そんなときは、無添加醤油の老舗、丸島醤油の製品を選ぶことをおすすめします。

 

 

老舗だけあって、安全な材料で、製法にもこだわった無添加醤油が予算に応じて色々と選べるのが魅力です。

最高級の国産有機醤油は300mlで810円、天然醸造国産有機醤油は500mlで950円、外国産の有機大豆、有機小麦を使った醤油は500mlで580円。

有機でない無添加醤油は1.8Lで1,170円と、様々なグレードのこだわり醤油がそろっています

 

色々なグレードで有機醤油を比較したい人、予算に限りがある人にお勧めです。

⇒コスパ重視の方向けの醤油

九州の老舗の有機醤油 フンドーキン特選有機醤油

 

創業は江戸時代で、九州の老舗醤油メーカーであるフンドーキン。有機の原材料を使用し、1年以上発酵熟成させた天然醸造でありながら、とても手の届きやすい価格設定になっています

 

 

他にもこの会社は、国産大豆や国産小麦を使った無添加醤油や、防腐剤不使用のみそ等も製造しており、九州では知名度の高い、安心できる会社です。

 

大豆や小麦の原料は海外産ですが、オーガニックなので大丈夫。安全性を追求したいけど、出来るだけ安い醤油がいい方におすすめです。

⇒スーパーで手軽に買いたい方向けの醤油

キッコーマン 特選有機醤油

 

毎日使うものだから、「ネットではなく近くのスーパーで手軽に買いたい」。そんな要望も根強くあります。

そんなあなたには、値段が手ごろで比較的どのスーパーにも置いてある、キッコーマンの特選有機醤油がいいでしょう。

 

 

近場で手軽に買えますがもちろん、原料はオーガニック大豆とオーガニック小麦で、工場もjas認証を取得しています。

 

大手企業なので情報公開も適切に行われています。価格は、他の有機醤油に比べ手軽です。

偽物醤油で滅ぶ家庭の味

最近の偽物(フェイク)食品の多さには、危機感を感じます。醤油だけでなく、味噌やみりん等、あらゆる調味料が偽物に置き換わっています

偽物調味料の話は、以下の記事でまとめていますのでご参考下さい。

・味覚が偽物醤油に支配される現代人

醤油は和食の基本で、「味に深みを与える」、「塩味をやわらげる」、「臭みをとる」、「殺菌、防腐する」、「照りをだす」効果があります。

言い過ぎかもしれませんが、市販の激安偽物醤油にこれらの効果は期待できません。

いつの間にか、僕たち日本人の食卓は偽物醤油に支配されるようになりました。支配されたのは食卓だけではありません。

味覚もセットで偽物醤油に支配されてしまったのです。

もし、今使っている醤油が偽物であれば捨てずに一旦棚に閉まって、今日、紹介した麦・大豆・塩が原料の本物醤油を、1ケ月使い続けて下さい。

その後、一旦棚に閉まった偽物醤油を口にしてみて下さい。

その、あまりの違いに驚き、偽物醤油に戻ることは出来ないでしょう

あなたも、かつて、激安醤油を買い漁っていた僕が今は本物の醤油しか使えなくなったことと、同じ結果になるはずです。

・あなたは過去の僕と同じ

ここまで読んでくれたあなたは、間違いなくこの記事の想定読者です。

僕と同じように、今使っている醤油に何らかの不信感や不安を感じて、検索を行い、このサイトにたどり着いたと思います。

先程、昔の僕は食べ物に全く無関心で、激安食品ばかり買い漁っていました。

そんな僕にも、子供が誕生したこと、自分が病気になったこと、オーガニックレストランをオープンさせたこと。

人生において色んな変化があり、食に気を使うようになりました

この記事が、あなたの探している答えになりましたか?そうであれば、僕はここまで書いた意味があります。

醤油以外にも、以下の記事をまとめていますので、興味のある方は参考にして下さい。

<マーガリン選びに関する記事>

トランス脂肪酸の少ない安全なマーガリン【おすすめ5つを厳選】

<食用油選びに関する記事>

結局、おすすめの安全な食用油ってどれ?⇒菜種油or米油orごま油です

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

✔本日紹介した醤油のまとめ

原料に徹底的にこだわる方向けの醤油

 

塩へこだわる方向けの醤油

 

1つの会社から予算に応じて選びたい方向けの醤油

 

コスパ重視の方向けの醤油

 

スーパーで手軽に買いたい方向けの醤油

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする