【悩むな!】自宅用の無添加ハムソーセージは中山道ハムのみでOK

✓ハムソーセージは、添加物だらけで体に悪いことは知っている

✓でも年に数回、年次行事等でどうしても必要なときがある

✓誰か安心して自宅で食べることのできる、無添加のハムソーセージを教えて!

ハム・ソーセージは添加物の塊で体に悪いと知っているのに、運動会やクリスマスパーティー等で年数回、必要になるときがありますよね

僕は新卒で大手食品製造会社に就職して2年間、ハムソーセージに添加物を入れまくりました。

なので、あなたが今、心配しているハムソーセージ添加物の件については紛れもない事実であることを先に言っておきます。

>>ハム・ソーセージは添加物漬けで体に悪い!元社員の私が告白

そこでこの記事では、ハムソーセージの裏を知り尽くした僕が、あなたに、自宅用の無添加ハムをソーセージ1つだけ紹介します。※1つの理由は後述しますね。

この記事を読めば、もう悩むことなく、そして外出して探し回ることなく信頼できる無添加のハムソーセージを取り寄せることができるでしょう。

【無添加ハムソーセージとは?】高度に合成された一般のハムソーセージと対極

結論から言うと、スーパーに販売されているほとんどのハムソーセージは、お肉の塊ではなく水と添加物とタンパク質が肉に混ざった塊です。

・あなたが市販のハムソーセージを避けるのは間違っていません

ハムソーセージを会社で作っていた僕が、ザックリ製造現場の様子を以下に書いておきます。

✓原料の全てが豚肉だと製造コストが上がるので、大豆や卵由来のタンパク質を肉の代わりとして塩水と一緒に注入して肉の量を水増す

✓注入した塩水が漏れ出さないように保水目的としてリン酸塩という添加物を使用する

✓モチモチのお肉に見せかけ増粘多糖類という添加物を使い食感アップを図る

✓亜硝酸ナトリウムを加えて綺麗で食欲をそそるピンク色に仕立てる

✓ソルビン酸を入れて製品の保存制を高める

上記を見て分かりますよね。もはや、お肉とは呼べず、水と添加物と大豆や卵由来のタンパク質で合成された肉です。

なので、あなたがハムソーセージを避けているのは、間違いなく正しいことです。

このあたりの詳細は以下の記事で解説しています。

>>ハム・ソーセージは添加物漬けで体に悪い!元社員の私が告白

・無添加のハムソーセージは対極にあります

逆に言えば、本物の無添加のハムソーセージとは上記の工程が一切ありません。そのため以下のような状態になります。

✓塩水やタンパク質、添加物で水増ししないので食べたときにお肉の味がする

✓水増ししないため、製造コストが上がり販売価格が高くなる

✓発色剤を使わないので見た目が鮮やかなピンク色にはならない

✓保存料が入っていないため消費期限が短い

何もかもが、一般のハムソーセージとは正反対ですね。

これが嫌な方は、以降、記事を読み進めるのは時間がもったいないのでここで読むのを止めましょう。

この記事は、それでも無添加のハム・ソーセージを自宅用として手に入れたい方のために書いていますので。

・子供が生まれ不必要だったハムソーセージが必要になった

水増しして利益を得るハムソーセージ業界に嫌気が差して、僕は会社を辞めました。

そして、ハムソーセージは二度と食べないと誓ったのです。

しかし、結婚して子供ができるとハムソーセージが必要になるときが来るんですね~。

運動会や遠足のお弁当やクリスマスなど、年のうち2~3回はどうしてもハムソーセージが必要になります。子供も大好きですしねw

⇒スーパーには安全なハムソーセージがほとんどない現実

ここまで書いてきたように、ハムソーセージのヤバさを現場で見た僕は、あなた以上にハムソーセージ選びには慎重です。

結局、僕やあなたが求めるようなハムソーセージは無名の会社が多いものです。なぜなら、大手のように巨額な宣伝広告費を使っていないから知名度がないのです。

スーパーにもほとんど置いていません。

ハムソーセージ選びで重要なことがあります。

それは、一般の流通にはのらない、ニッチな世界でリピーターさんから愛されて成り立つ小さな会社が作るハムソーセージです

⇒【もう疲れた】自宅用の無添加ハムソーセージ探しに・・

でも、自分にとって、そんなに都合のいい会社がすぐに見つかる訳がないんですよね。

ネットで探すと、確かに贈り物用としての無添加ハムソーセージは見つかるのですが、住宅用は中々探しきれません。

たかだか、年数回のハムソーセージのために、貴重な休み時間を使って検索しまくるのに疲れてしまったんです。あなたも同じじゃありませんか?

自宅用の無添加ハムソーセージは中山道ハムのみでOK

ぶっちゃけ、無添加ハムソーセージは正直たくさんあって選びきれません

なので、探しまくって値段の比較をして・・・みたいに時間をかけるよりも、プロの僕が見つけて、取り寄せて満足した品1つを紹介すれば誰かの役に立つと思って記事を書いています。

・農水省の広報誌でたまたま見つけた中山道ハム

探すのがだるくなって、妻や息子に諦めてもらおうと思っていたとき、農林水産省の広報誌に紹介されているハムソーセージを見つけました。

自然豊かな森の中にある小さな家族工房です。

先程、僕が書いた「一般の流通にはのらない、ニッチな世界でリピーターさんから愛されて成り立つような小さな会社が作るハムソーセージ」に合致したのです。

参考:農林水産省広報誌aff(あふ)おいしいハム&ソーセージはこうして製造されている!

⇒以前も中山道ハムの噂を聞いたことがあった

実は、私が大手ハムソーセージ製造会社で働いていたときも、中山道ハムの噂を聞いたことがありました。

「無添加で美味しいハムソーセージを作る小さな会社があるそうだ」みたいな・・

休憩中の立ち話だったので、その時は深掘りせずに話は終わりましたが、数年後に再び中山道ハムに出会ったことは僕にとって運命だったんでしょうね。

⇒中道山ハムを試してみた【感想:本物です】

実際に取り寄せてみました。

✓塩水やタンパク質、添加物で水増ししないので食べたときにお肉の味がする

✓発色剤を使わないので見た目が鮮やかなピンク色になっていない

✓保存料が入っていないため消費期限が短い

✓価格もギフト価格ではなく、普段使いできる価格

完璧ですね。勿論、添加物も一切入っていません。

以前、僕が作っていたハムソーセージとは雲泥の差ですね。

これなら家族にも安心して食べさせることができます。

それ以降、年に2~3回、思考停止状態で中山道ハムにと依存して注文していますw

あなたも、中山道ハムの「自宅用詰め合わせセット」をのぞいてみませんか?

無添加ハムソーセージ 6種類詰め合わせご自宅用(中山道ハム)>>

⇒中山道ハムの無添加ハムソーセージの口コミを集めてみた

僕と同じように、満足されている方が多いみたい。

この投稿をInstagramで見る

jun_0612.(@jun_0612_i)がシェアした投稿

岐阜県・40代・女性

どの商品も共通して、塩味が控えめです。かといって物足りないとかではなく、『ちょうどいい』んです。

素朴な味わいの中にも、足し算引き算が計算されているのだなと思います。

国産の新鮮な豚肉で、厳選された材料を使い、合成添加物を使わない、こだわりのつまった商品たちでした。緑豊かな景色を想像しながら食べるとよりおいしいですよ。

気取らない商品なので、お子さんの小さな若い世代や、実家へのギフト等に、利用したいです。

埼玉県・30代・女性

ソーセージやハムは、商品によって異なりますが、一般的にスーパーで販売されている手頃な価格の商品は塩っ気が強く感じることがあります。

ですが、こちらの商品は塩っ気を感じません。塩の変わりにスパイスの香りがほんのり。

スパイスといっても強くはなく、天然香辛料をお店にて配合したものを使用しています。この商品でしか味わえないスパイス、味のアクセントとなっています。

まとめ:中山道ハムに失敗はない【試す価値大です】

結局、多くの方は以下のような負のスパイラルにはまっています。

✓根拠のない不安で、とにかく無添加のハムソーセージを探している

✓しかしギフト用など、たくさんある無添加ハムソーセージの中から何をどのような基準で選んでいいのか分からない

✓結局、面倒くさくなり市販のハムソーセージを購入する(あるいは諦める)

 

でも、この記事で市販のハムソーセージの製造カラクリをぶっちゃけましたよね。

そして、僕が使って満足した(今も愛用している)中山道ハムを紹介しました。

 

家にいながらクリックするだけで安全な無添加ハムソーセージが思考停止状態で手に入る。中山道ハムは注文してみる価値大ですね。

無添加ハムソーセージ 6種類詰め合わせご自宅用(中山道ハム)>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする