昔の野菜と今の野菜 味や栄養価に違いはあるの?まずくなった今の野菜

多くのお年寄りが「今の野菜はまずい。昔の野菜は美味しかった」と口を揃えて言います。この記事は「なぜ昔の野菜は美味しかった」と言われるのか?私なりに原因を考えてみました。 昔の野菜と今の野菜の違い、今の野菜は味や栄養が失われている理由などがあるのでしょうか。

グリホサート検出はパンだけじゃない!予想を超えた残留の危険性

除草剤として使用される主成分グリホサートは、アメリカから輸入される穀物に最も多く残留しています。ところが、グリホサートが食品だけでなく、ワクチンからも検出されました。この記事は、「グリホサートがどのようなものに残留しているか」気になっているあなたのために書きました。

ブロイラーとはかわいそうな鶏か?品種改良された国産若鶏の実態

スーパーに行けば必ず置いてある「国産若鶏」。外国産よりも安全でフレッシュ(新鮮)なイメージがあります。実は、多くの国産若鶏は、ブロイラーと言って生産性の向上や生産コストを下げるために人間が品種改良で作り出した鶏です。今日はブロイラー(別名:国産若鶏)について考えてみます。

遺伝子組み換え食品が不妊の原因?覆る安全神話と迫りくる危険性

不妊の話を聞くと私は、遺伝子組み換え食品のことが頭によぎります。この記事は、遺伝子組み換えの具体的な危険性として、不妊があることお伝えしたく書きました。記事を読めば、実態が明らかになってきた遺伝子組み換え食品の危険性について、裁判や研究結果をもとに理解が深まります。

中食ブームが意味するものは?栄える中食産業と滅ぶ家庭の味

日本惣菜協会が2018年に発表した内容によると、2017年の中食市場規模は初めて10兆円を超えたそうです。記事では、中食と内食や外食の違い、そして中食ブームの理由やブームの裏に潜む問題を解説します。中食産業が栄えるほど、家庭の味は滅んでいくという構図を見ていきましょう。

バードフレンドリーとは何だろう?一杯のコーヒーが鳥や森を救う

この記事に辿り着いたあなたは、「バードフレンドリー」って何だろう?と思っていることでしょう。記事を読めば、バードフレンドリーの意味やあなたが飲むその一杯のコーヒーが鳥や環境を救う活動につながることが分かるはずです。あなたが選ぶそのコーヒーが重要な意味を持つのです。

旬野菜で栄養を摂ろう~春夏秋冬、野菜には美味しくなる季節がある~

「旬の野菜は美味しい」、「旬の野菜は栄養がたっぷり詰まっている」などと言われますが、あなたはその理由をご存知ですか?野菜には確かに、その種類によって最も美味しくなる季節があります。旬の野菜は、私達の体が本当に必要としているものを満たしてくれるのです。

農薬のリスクは健康被害だけでない!散布が新しい農薬を生み出す問題

農薬の使用量は減るどころか、次から次へと新しい農薬が開発されているのが日本の現状です。実は、一度農薬を使ってしまうと、農家はそこから抜け出せず次々と開発される新しい農薬を求める必要性がでてきます。そう、まるで麻薬から抜け出すことができない中毒患者のように。

スポンサーリンク