化学調味料無添加の罠!たんぱく加水分解物と酵母エキスの謎と危険性

化学調味料無添加や化学調味料不使用という表示は、企業が消費者に仕掛けた罠です。「身体に悪い添加物を使っていません」とい言いながら、実は違った形でしっかりうま味成分を加える企業の策略です。私達は、真実をしっかり学びそのような企業の製品を選ばない賢い消費者になる必要があります。

食用油の安全性を考える~抽出法や原材料から危険な油を見分けよう

油の安全か危険かを判断するためには、原材料から油の製造方法まで分解して考えて行く必要があります。記事を読めば、原材料から油を抽出する際には、多くの化学物質が使用されていることや、原材料の多くは遺伝子組換え作物が使われていることが分かると思います。

サラダ油とは?キャノーラ油との違いなど食用油について解説します

私達が使う食用の油には、サラダ油やキャノーラ油、オリーブオイルなどたくさんありますが種類が多いがために分かりにくいですよね?これらを知るためには、動物性油か植物性油か、飽和脂肪酸か不飽和脂肪酸かなどを食用油全般を知っておく必要があります。

霜降り肉は日本だけの最高級肉なのか?目を向けるべき牛の健康状態

あなたは「霜降り」って何かご存知ですか?どのようにしたら、霜降り肉になるのでしょう?記事を読めば、霜降り肉にするためには特殊な条件で育てることが必要なことが分かると思います。筋肉の中に脂肪が入り込む異常な状態。少しでもその実態をして知ってもらえたらと思います。

野菜ジュースで栄養効果は万事OK?企業の数字戦略に騙されるな!

あなたは、「野菜1日これ1本」や「野菜飲むならこれ1日分」と謳われた野菜ジュースを見たことはありませんか?実はこれらの野菜ジュースに、1日分の野菜から摂れる栄養素は含まれていません。意図的に消費者が勘違いするような表現で製品を販売する企業。今日はそんな企業の数字戦略を解説します。

オーガニックとはビジネス拡大の道具?基準の罠にはまる意味ない有機

農家や企業がオーガニック畑や会社の規模を拡大すればするほど、オーガニックは、単に「基準さえ守ればいい」といった罠にはまり、本当のオーガニックとはかけ離れてしまいます。市場経済に組み込まれたオーガニックが、真のオーガニックの精神を歪める危険性があります。

日本食材でマクロビは危険!マクロビ派は食材の効果も考えるべき

私には、マクロビについてこう思っています。「今の日本におけるマクロビが、巷で言われているほど素晴らしいものとは到底思えない」。記事を読めば、マクロビという言葉やそれに基づく行動が大事なのではなく、正しい食材を使って初めてマクロビの効果が発揮されることが理解できます。

その離乳食は大丈夫?初めて使うベビーフードの食材や栄養価に要注意

市販のベビーフードの特性を考えたとき、使われる食材や栄養価は私達が思っているほどよいものではありません。記事を読めば、ベビーフードによって既に生後数ヶ月から食品添加物の洗礼を受け、栄養価が抜けてしまった風味がない食べ物を与える可能性があるこが分かるはずです。

マーガリンがやばいは本当か?バターとの違いとトランス脂肪酸の話

多くの方がバターよりも安価なマーガリンを購入していると思います。今さらですがマーガリンとバターの違いをご存知でしょうか?記事を読めば、マーガリンはバターの代わりに作られた偽物(コピー)食品であることやトランス脂肪酸の危険性について理解できます。

脱サラ有機農業は成功するのか【僕は脱サラ農業を後悔していません】

脱サラして有機農業で失敗せずに生活していけるのか?今、サラリーマンをしていて有機農業に興味がある方が一番気になることだと思います。記事では、脱サラ農業を実際にやってみた管理人の体験談をたくさん盛り込んでいます。脱サラ有機農業に不安を抱えている方には価値があると思います。

スポンサーリンク