安全な鶏肉の選び方とおすすめ通販5選/かわいそうなブロイラー除く

本記事はネットで安全な鶏肉を探している方向けの記事です。

注)値段は一般の鶏肉より高いため、コスパ重視の鶏肉を探している方は他サイトへお願いします。

✔本記事のテーマ

本記事のテーマ

✔本記事の内容

・オススメする安全な鶏肉の通販5選

オススメする安全な鶏肉の通販5選

・安全な鶏肉の選び方

安全な鶏肉の選び方

・安全な鶏肉を求めるなら値段で判断しない

安全な鶏肉を求めるなら値段で判断しない

この記事を書いている僕は、オーガニックレストラン「やさいの庭Chiisanate」を経営しています。

オーガニックと食に精通した僕が書く記事なので、記事の信頼性は高いと思います。

オススメする安全な鶏肉の通販5選

おすすめ5選に行く前に、日本で流通する鶏肉の構成を勉強しておきましょう(下画像)←ここ重要です

国内鶏肉の流通割合:管理人作成

国内鶏肉の流通割合:「一般社団法人 日本食鳥協会資料」より管理人が作成したもの

実は、日本で流通する鶏肉の9割以上がブロイラーです。

今回、紹介する鶏肉は日本でもほぼ流通していない赤系の銘柄鶏(2%)か地鶏(1%)になります

※なぜ、ブロイラーを除くかは後述します。

オススメする5つは、実際に私の経営するレストランでも検討したことがあり、この中の1つを今現在、私は使っています。

みつせ鶏

80日間という長期飼育で、とにかく風味と食感が売りの佐賀県産銘柄赤鶏です。

赤鶏さつま

生産履歴が明確かつ歯ごたえと風味が抜群、そして臭みがないの鹿児島県産銘柄赤鶏です。

古処鶏

エサを厳選し抗生剤等を一切使用しない福岡県の銘柄赤鶏。私のレストランでも利用しています。

つくば茜鶏

きめ細かい肉質やうまみ成分が最高の茨城県産銘柄赤鶏です。もちろんエサや薬剤投与問題も完璧です。  

宮崎地頭鶏

豊かな自然の中放し飼い、そして厳しい基準をクリアした宮崎の最高級の鶏肉。

 

ここで紹介した5つは、以下の点で一般に多く流通する鶏肉と差別化できます。

✔抗生物質等の薬剤を基本的に不使用あるいは極力抑えてあること。

✔ブロイラーではなく、アニマルウェルフェアを意識した飼育をしていること

参考:求められる家畜のアニマルウェルフェア!家畜の5つの自由を叶えよう

 

おすすめなので、どれも優劣つけがたく飼育方法や薬剤投与の方法などに若干の違いがあるだけです。

 

 

・価格で選びたい方向けの鶏肉

値段で判断すれば、みつせ鶏が最も安くオススメです。

 

 

むね肉でいうと1kgが1,200円程度(あくまで参考です)になります。

国産若鶏(ブロイラー)がだいたい1kg500円程度なので、これでも2倍以上になります。

 

国産鶏肉にしては80日という長期飼育であるため、ブロイラーとは比べ物にならないうま味や風味、食感があります。

 

ただ、抗生物質と合成殺菌剤の薬剤は出荷前約60日まで与えています

しかし、薬剤投与は「出荷7日前まで」とされる日本の基準よりはかなり厳しく、スーパーの国産若鶏(ブロイラー)よりも安全性は高いと言えます。

 

・肉質重視で選びたい方向けの鶏肉

肉質重視でブランドとして客観性を求める方は、みやざき地頭鶏がオススメです。

飼育期間や飼育密度など、「みやざき地頭鶏」の認証を受けるには細かな基準があります

それらを全てクリアした鶏肉でなければ「みやざき地頭鶏」と名乗ることはできません。

 

ブロイラーが50日程度で出荷されるのに対し、みやざき地頭鶏は110~150日と2~3倍長く飼育されます

鶏舎の脇には放牧地を設け日中は放し飼いし、飼育密度は1mあたり2羽以下など、他とは比較にならないほど厳しく管理されます。

 

その分、値段は随分高くなり、むね肉1kgが先程の「みつせ鶏」の2倍以上です。

ということは、市販の国産若鶏(ブロイラー)の4倍以上の価格になります

地鶏の肉質は、鶏肉の中で一番グレードが高い最高級のお肉と言えるでしょう。

 

ただし、薬剤等は一切使用していない訳ではありません。

極力使わない生産者もいれば、一切使用しない生産者もいますので注意が必要です。

 

・値段と薬剤使用が気になる方向けの鶏肉

価格と薬剤使用が気になる方は、古処鶏赤鶏さつまをオススメします。

 

みつせ鶏より値段は高いですが、抗生物質や合成殺菌剤などの使用は通常の成長プロセスでは原則ありません

私はオーガニックレストランを経営していて、やはり薬剤使用が気になっていたので古処鶏を選びました。

 

私が「赤鶏さつま」ではなく「古処鶏」を選んだのは、単に理念や想いがネット上で分かりやすくオープンになっていて共感できたからです。

※実際に電話をかけて会社の熱い想いも聞いて確認済みです。

 

「成長の過程で薬剤の使用があるみつせ鶏では心配だが、地鶏ほど高いお金を出してこだわり超高級鶏肉を購入できない」

そんな方にオススメできる鶏肉です。

 

・関東近辺在住の方向けの鶏肉

私が九州在住なので、今まで紹介した鶏は全て九州産です。でも、関東に住んでいれば、つくば茜鶏をお店で使っていたかもしれません。

 

 

価格は、古処鶏や赤鶏さつまより若干高めですが、送料を含めると検討する価値は絶対あると思います。

※茨城県の銘柄赤鶏で、つくば茜鶏を扱っている会社は関東方面が多いので、関東方面の方は送料を気にする必要がないかと思います。

 

・全飼育期間において、抗生物質、合成抗菌剤を一切使用なし

・ストレスを減らすために、一般ブロイラーより飼育密度を低く抑えた飼育

・ヒナよりNon-GMO指定配合飼料を使用

 

など、かなり徹底した飼育をされていると思います。

 

安全な鶏肉の選び方

ここまでは、オーガニックレストランを経営している私がオススメする鶏肉5選のお話でした。

この5つ以外でも、安全なこだわりお肉を探される方もいるかと思うので、安全な鶏肉の選び方を簡単に解説しておきますね。

結論から言えば、安全な鶏肉の選び方のポイントは「アニマルウェルフェア」です。

なぜならば、アニマルウェルフェアは生産性や効率性とは切り離された飼育がされているからです。

参考:求められる家畜のアニマルウェルフェア!家畜の5つの自由を叶えよう

・安全な鶏肉にアニマルウェルフェアは必須

アニマルウェルフェアを一言で説明すると、「家畜でも、動物に対して与える痛みやストレスなどを出来る限り抑えよう」という考え方です。

実は、日本はアニマルウェルフェアの後進国です。

参考:日本と海外のアニマルウェルフェアの現状【日本はかなり遅れてます】

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの選手達から、日本のアニマルウェルフェアの取り組みの低さに避難の声があがるほどです。

~関連記事~

海外の選手団が、日本のアニマルウェルフェアについてどのような避難をしたのか?詳細は以下の記事でまとめています。

今、スーパーで売られている多くの日本産鶏肉は、アニマルウェルフェアが無視され、心身ともに不健康なお肉と言えます

このあたりも、海外の選手が日本のお肉や卵を食べたがらない原因なのでしょう。

・国産若鶏(ブロイラー)を選ばない理由

アニマルウェルフェアを考えると、スーパーでよく見かける国産若鶏(ブロイラー)を選ぶのは好ましくありません。

なぜなら国産若鶏(ブロイラー)は、通常なら100日以上かけて大人になる鶏を品種改良によって40~50日に短縮した鶏だからです。

異常な筋肉の発達で長く生きられないなど、ブロイラーが急速に成長する副作用は、「かわいそう」と言わざるを得ません

鶏自身が望まない急成長は、人間の都合の押し付けで完全にアニマルウェルフェアを無視しています。

参考:ブロイラーとはかわいそうな鶏か?品種改良された国産若鶏の実態

冒頭で日本で流通す9割以上がブロイラーと書いたのも、農家にとって生産性や効率性が高いからです。

今回の5選で、私が例え銘柄鶏でもブロイラーを候補から除いたのは、このような理由からです。

安全な鶏肉を求めるなら値段で判断しない

ここで紹介した5つ以外にも全国、様々な地鶏や銘柄鶏があります。

上記5つは、あくまで私がオーガニックレストランの経営者として吟味・厳選した5つです。

ある銘柄鶏の生産者に聞いたことがあります。

私:「お宅のお肉はスーパーでは買えないのですか?」

生産者:「消費者は高いお肉を求めていないし、スーパーに置いても値引きされて売られてしまうので、スーパーに頼らずネットで自分で売るようにしています」

生産者なら誰でも、安全でこだわり飼育に興味がある消費者に、直接販売したいと思っています。

鶏肉に限らず、お肉は値段で判断すべきではありません。

参考:進まぬ日本のアニマルウェルフェア:消費者が握る進展の鍵

まとめ

僕は、鶏肉選びにかなりの時間を使いました。

ここで紹介した5つの鶏肉以外にも、あなた自身が納得できる素晴らしい鶏肉に出会うことを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

✔記事で紹介した安全な鶏肉<オススメ通販5選:まとめ>

みつせ鶏価格で選びたい方向けの鶏肉

みやざき地頭鶏肉質重視で選びたい方向けの鶏肉

古処鶏:値段と薬剤使用が気になる方向けの鶏肉

参考記事⇒古処鶏をレビューする【抗生剤不使用の安全な鶏肉ならコレ!】

赤鶏さつま:値段と薬剤使用が気になる方向けの鶏肉

つくば茜鶏:関東近辺在住の方向けの鶏肉