遺伝子組み換え食品の安全性を考える~賛成派・反対派比較編

遺伝子組み換え食品については、賛成派と反対派の主張が真っ向から対立している状態で、その安全性に悩むあなたは、どちらの立場も理解しておいても損はないと思います。記事を読めば、遺伝子組み換え食品について、賛成者と反対者、自分の考えがどちらに近いかを判断することが可能となります。 

Chiisanateのオーガニックランチ~2月のお重箱~

今日は、「やさいの庭 Chiisanate」2月のお重(ランチメニュー)の紹介です。今月は人参やスティックセニョール、春雷、米良や紅芯などの大根系や、菜花・紅菜苔などのお花系まで、色んなお野菜を使っています。宮崎の方は見たことのない野菜も多いハズ。

遺伝子組み換え食品の安全性を考える~メリット・デメリット比較編

遺伝子組み換えについては、政府や学者、そして私達消費者の間でも賛成派と反対派に分かれる難しい問題です。記事を読めば、遺伝子組み換え食品についてのメリット(良い面)やデメリット(悪い面)を知り、自分のなりの意見を持つための判断材料となることでしょう。

中国産食品は安全か?的を得ない中国批判と無視される国産食品の危険性

メディアの報道を疑いもせず見聞きした結果、「中国食品=危険、日本食品=安全」という構図が多くの日本人の頭に出来上がってしまいました。本当にそうでしょうか?意外と日本食品の方が危険だったりします。記事では具体的事例や数字を交えながら、中国食品が危険か否かを解説していきます。 

安い食材に安い食事、コスパ重視の食で低下する日本の国力

安い食材や安い食事は誰かの我慢や犠牲の上に成り立っています。そして、それが続くと国力は次第に低下していきます。記事を読めば、コスパ重視の食から目を覚まし、日本を立て直すことが出来るのは私達消費者しかいないことが分かるでしょう。

食品添加物の危険性はリスク管理で緩和、上手な添加物との付き合い方

あなたが食べるものにゼロリスクはなく、あなたは自分でも気付かないうちに、食品についてリスクの管理を行っています。私達は一般に危険だと言われている食品添加物を避けて生活することは出来ません。これから説明するリスク管理を行い、上手に付き合っていくことです。

食育とは家庭で行うもの~食育の日や外部頼みでは全く意味がない

食育とは、学校任せるものでなく、食育の日だけ行うものでもなく、外部の体験講座に参加するものでもなく家庭が行うものです。記事を読めば、食育についての考え方や家庭内で行う具体的な食育方法が分かるはずです。記事がご家庭で行う食育のヒントになれば嬉しいです。

ハム・ソーセージは添加物漬けで体に悪い!元社員の私が告白

元社員の私から見て、添加物がたくさん含まれる体に悪い食品の中で、ハムやソーセージは間違いなくトップクラスです。記事を読めば、ハム・ソーセージ製造会社の社員はどのような気持ちで添加物を入れているのか、肉が製品になるまでにどのような魔法がかけられるのかについて理解が深まります。

うま味調味料とは化学調味料のこと?うま味と化学調味料と味覚の関係

結論から言えば、うまみ調味料と化学調味料は同じです。記事では、風評被害を恐れた業界が意識して化学調味料という言葉を使わないようにしていること等について解説していきます。日本人の舌が「うま味調味料」に味覚を奪われる前に、今一度、考えてみる必要があります。

スポンサーリンク