有機農法、自然農法、色々あるが違いは何?安全性と関係ない農法比較

こんにちは。

宮崎県で、オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)」を経営しているyoshikiです。

世の中には、有機農法や自然農法などたくさんあって、ちょっとネットで調べてみるだけでも、色んな農法について各農法のメリット・デメリットなどが紹介されています。

そもそも有機農法や自然農法など、どの農法が一番安全な農産物となるのでしょう?

 

この記事は、「有機農法や自然農法などたくさんあって、どれが一番安全な野菜を作る農法か分からない」そんなあなたのために書きました。

 

記事を読めば、「それぞれの農法の違いと作られる作物の安全性はさほど関係ない」ことが分かるはずです。

 


記載することは私個人としての考えで、細かい視点で各農法を説明するのではなく、安全性という大きな視点で、農法について考えていきます

それでは早速、今日のお話を進めていきましょう。

スポンサーリンク




大事なのは慣行農業と有機農業の違い

各農法の話に入る前に、農業のあり方についてお話しておきます。

これは、農法の違いより大事なことだと思うからです。

農業には慣行農業と有機農業の大きく2つの形態があります

慣行農業

通常の農家が行っている農業です。

化学農薬や化学肥料を使って作物を生産します。

中には、農薬や肥料を出来るだけ減らす努力をされている生産者もいます

作物の成長や病気、収穫時期や品質などある程度生産者がコントロールしやすく、市場が求める定時(いつも)、定量(同じ量を)、定質(同じ品質で)に適した農業です。

流通してスーパーやデパートに並ぶ多くの作物は、慣行農業で栽培されたものになります

お客様から「JAの安心・安全な農産物って報道されているのですが、JAの野菜は農薬を使っていないのですか?」と質問されたことがあります。

一般的に、JAの野菜は化学農薬や化学肥料を大なり小なり使っています

なのでJAの農産物は慣行農業に分類されます。

有機農業

農林水産省では有機農業を次のように定義しています。

・化学的に合成された肥料及び農薬を使用しない

・遺伝子組換え技術を利用しない

・農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減する

これだけでは理解が難しいと思いますので少し解説を。

有機農業が先に書いた慣行農業と大きく違う所は、人間の都合(経済性や生産性)のみを重視しないことです。

自然の仕組みを理解して、田んぼや畑にいる動植物全体のバランスを考えながら作物の生産活動を行います

だから、先程の定義にあった化学肥料や農薬、遺伝子組換え技術を使用しないのです。

化学肥料や農薬を使うと、確かに自分が作る作物は立派に大きく、虫食いなく、大量に作ることができますが、土壌微生物や昆虫などへのダメージも大きくなります。

このような理由から、有機農業は慣行農業に比べて生産者の意思で作物をコントロールするのが難しくなります。

なので、市場が求める定時(いつも)、定量(同じ量を)、定質(同じ品質で)に適さない農業です

スーパーの端っこに、ちょこっとしか置いてなく、量や品目が少ないのはそのためです。

そして、この有機農業の中に有機農法や自然農法など、消費者が安全性に迷う農法が入っています

これは次のセクションでお話しますね。

有機農業に含まれる様々な農法

農業と農法について、上画像のように体系化しました。

これは学術的なものでなく、あくまでブログの管理人であるChiisanateの高城が考えているものです。

このように、有機農業はその思想や考え方で自然農や自然農法、有機農法や炭素循環農法などに枝分かれしていきます

しかも、これは私が分かりやすいように分類しただけで、実際には自然農と有機農法を組み合わせたものなど、多種多様な農法が存在します

ただ、これらの農法は有機農業に含まれるので、どの農法でも、人間の都合(経済性や生産性)のみを重視せず、自然の仕組みを理解して、田んぼや畑にいる動植物全体のバランスを考えることは共通しています

それぞれ簡単にお話しすると、

【自然農】

本当に何もせず、自然に任せて作物を作る究極の有機農業です

肥料は一切使いません。

耕さず草を刈らず、種は花咲かじいさんみたい播くなど普通の農家では考えられないような農法です。

【自然農法】

自然農に比べると作り方は、少しゆるくなります。

肥料は与えないか植物性のものを少々与える程度です。

畑は耕したり耕さなかったり、除草もしたりしなかったりと、作物を作ろうとする農家の意思が感じられ、自然と共生しながら臨機応変に対応していきます

【炭素循環農法】

土壌微生物活動を最も重視します。

肥料は炭素資材が主体ですが、除草もしますし、耕うんもします。

自然農法に似ていますが、とにかく土壌微生物を意識していることが他との違いです

【有機農法】

上記3つにはない大きな特徴として、国がJAS法という法律で管理して、有機JAS認証制度があることです

上記3つは、この認証を受けていないため「有機●●」などと表示して消費者に販売することは法律で禁止されています

詳細は、「有機野菜って何?無農薬野菜との違いは有機JASマークの有無で判断!」に書きましたのでご参考下さい。

年に1回、第三者からほ場の検査を受ける等、かなり厳しく管理された農法です。

しかし、動物性堆肥を使用したり、除草したり、畑を耕したりと生産者によっては、慣行農業に近いところもあります

農産物の安全性と農法は関係ない

混乱してきましたので、もう一度言います。

自然農であれ自然農法であれ、炭素循環農法であれ有機農法であれ、化学合成の農薬や肥料を使用せず、環境に負荷をかけないようにしていることは同じです

よく、「自然農は有機農法の農産物と比較して味が濃く美味しい」とか、逆に「有機農法は有機JAS認証があるため自然農より安全」とか、各農法間で争いを展開しているメディアやサイトがありますが、自然農も有機農法も同じ有機農業で仲間なのです

結論を言えば、どの農法が一番安全でどの農法が危険などとは言えないと私は思うのです。

確かに有機農業は、化学農薬や化学肥料を使う慣行農業よりは安全性は高いと言えます

しかし有機農業から枝分かれするそれそれの農法は農産物を作る生産者の思想や考え方で、安全か否かが大きく影響するからです。

私のように有機農法で有機JAS認証を取得していても、ほとんど肥料を使わず、基本的に耕さず、除草は最小限と自然農法に近い方もいれば、同じ有機農法でもトラクターで耕し有機質肥料をたっぷり使う生産者もいます。

要するに、農法とはその生産者の思想です

生産者が今まで人生で経験したこと、食に対する価値観、知識の深さや属する組織などで思想は変わってきます。

そしてその思想が、肥料を使うか使わないか、耕すか耕さないか、草を取るか取らないか等少しずつ変わっていて、それが農法となっているだけです。

農法は単なる思想の違いなので、●●農法が一番安全で美味しいとは言えないのです

まとめ

冒頭で書きましたが、「有機農法や自然農法、炭素循環農法などたくさんあって、どれが一番安全な野菜を作る農法か分からない」との質問に対する私の回答です。

 

・農法の比較でどれが一番安全とは言えません。

・世界で一番安全な野菜は、あなたが信頼できる生産者が作った野菜です。

・もしあなたが信頼する生産者が有機農法であればそれが一番安全だし、自然農であればそれが一番安全です。

 

 

大事なのは、枝分かれするその農法をなぜ採用しているのか?

生産者の思想や考え方を、あなた自身が確認することです

 

 

そのためには、生産者と顔を合わせて話してみて下さい。

畑に行って、どのように野菜が作られているか確認して下さい。

 

 

 

そのようにして、あなたがこの方の野菜は大丈夫だ。

と認めれば、それがあなたにとって世界で一番安全な野菜となるのです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする