健康食品の効果を考える~手軽なサプリメントの安全性は大丈夫か?

オーガニックレストラン「やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)」を経営しているyoshikiです。

「やせる」、「バストアップ」などと書かれてあるサプリの効果に、違和感を持っている方向けの記事です

・体質改善のためサプリメントを飲もうと考えているけど安全性は大丈夫?

・「●●に効く」など表示されてある効果に根拠はあるの?

この記事は、こんなことを考えている方のために書きました。

サプリメント(健康食品)は、国や医者がその効果や安全性を保証しているわけではありません。むしろ、虚偽・誇大広告による粗悪な製品が潜んでいる可能性があります。

記事を読めば、サプリメントはあなたが過度に期待するほどの効果を保証されたものではなく、むしろ、サプリによって健康を害することもあることが分かるでしょう。

このことを知っていれば、サプリに過度な期待を抱くのは間違っていると気付くでしょう。

それでは早速、今日のお話を進めていきましょう。

※ここで解説するサプリとは医薬品ではありません。

食品と医薬品の違いは、「健康食品の効果を考える~トクホや健康食品の違いを徹底解説します」をご覧下さい。

スポンサーリンク




根拠がないサプリの効果や安全性

前回の記事でも解説しましたが、サプリメントはいわゆる食品群の中の一部です

要するに、スーパー等に並んでいる豆腐やお菓子、パンなどと法律上の区分は全く同じということです。

「おなかの調子を整えます」や「脂肪の吸収を穏やかにします」など効き目や有効性を表示して良いのは、国が制度を創設して機能性表示などを許可した健康機能食品だけです。

以下、サプリメントの虚偽・誇大広告に騙されないポイントをお伝えします。

【ポイント1】サプリの原料特性

サプリメント(健康食品)には、天然有機植物性など、いかにも健康に良さそうな言葉を強調して使っています。

しかし、これは安全であることを指している訳ではありません

特定保健用食品(いわゆる、トクホ)のように国の審査や許可が行われている訳ではなく、サプリメントは科学的な根拠がありません

さらに消費者を惑わすのが、業界団体が独自に付けた品質保証マーク。

これも、国は一切関与していなく、あくまでも商品の品質を保証するものです。

サプリメントの効果を保証するものではないので注意して下さい

【ポイント2】サプリを使用した感想や体験談

先程、サプリは単なる食品なので、「おなかの調子を整えます」や「脂肪の吸収を穏やかにします」など効き目や有効性を表示できないと説明しました。

でも、「これを飲んでおなかがスッキリしました」とか「脂肪が体に付きにくくなりました」など、感想や体験談を紹介するのは問題ありません

あなたも、CMや雑誌の広告に有名人がサプリメント(健康食品)を「これは効く!」のような言葉で紹介しているのを見たことがあるかと思います。

感想や体験談には科学的な根拠はなく、国も取り締まれないのです

しかし、有名人が紹介していれば私達は信じてしまいますよね。

結局、サプリメント(健康食品)の効果は、信じるに値する科学的根拠はなく、消費者を惹きつけるには、原料特性や感想・体験談によるイメージ作りが大事なのです

健康食品による健康被害

このタイトル、笑うに笑えませんよね(笑)

健康食品を摂取したことによって、健康に甚大な被害をもたらした事件が平成15年に日本で起きました。

それが、健康食品に乾燥粉末のアマメシバを使っていた事件です。

アマメシバによる健康被害

日本ではあまりメジャーではありませんが、インドやマレーシアなどで栽培されている野菜の一種にアマメシバがあります。

現地ではアマメシバの葉が広く消費されていて、一般的には加熱して食べるようです。

このアマメシバは、乾燥粉末してダイエット用サプリメントや健康食品として販売され、摂取した消費者が呼吸困難などの健康被害が発生しました

これを受けて国はアマメシバの健康食品を、平成15年に食品衛生法により販売禁止としました。

事件から学ぶ健康食品の危険性

なぜ、現地のヒトが食べても被害がないのに、アマメシバを乾燥粉末にしてサプリメントに加工すると被害が発生したのでしょうか?

それは、アマメシバの成分がサプリメントに濃縮されたからです。

他の野菜でも同じですが、人間が直接野菜から食べる野菜は、その野菜一つに含まれる成分には限りがあります。

それをサプリに濃縮すれば、例え少量でも大量の成分を体に取り込むことになります

例をあげれば、生鮮であれば野菜Aを1株を食べるのがやっとであるのに、サプリの錠剤1粒に濃縮された野菜Aの成分は、50株分であったりするのです

しかも、サプリは長期に渡って継続的に摂取します

手軽に簡単に体に取り込むことができる反面、体に悪い成分が含まれていた場合は、大量にかつ長期に渡って体に取り込む可能性があります

これが、サプリメント(健康食品)の危険性です。

大事なのは食生活や生活習慣の改善

ここまでは、サプリメントと言われる健康食品が、あなたが思っているほど科学的根拠のある効果があるとは言えず、むしろ、体を害する可能性があることを説明しました

「おなかの調子を整える」ことや「脂肪の吸収を穏やかにする」ことなど、基本的に私達がサプリに頼ろうと考えることは、基本的に自分の体質改善です

サプリにと頼ろうと考える理由は、「楽して」「手軽に」です。

忙しい現代人には、仕方のないことかもしれません。

しかし、ここまで読んでくれたあなたなら、もうお分かりだと思います。

この「楽して」、「手軽に」が、科学的な根拠のない体に悪い成分を、長期にかつ大量に摂取する可能性を秘めているのです。

サプリメントは身体の小さな子供にとっても要注意です。このことは以下の記事で紹介していますのでご参考下さい。

 ⇒⇒サプリメントは何歳から子供に必要?ではなく正しい食べ物を選ぼう

私達に必要なのは、サプリではなく規則正しい食生活と食習慣です。

結局、これらが乱れているからサプリのような健康食品に手を出してしまうのです。

まとめ

今日のおさらいです。

★サプリメントは医薬品や特定保健用食品(いわゆる、トクホ)と違って安全や効果を科学的に検証し保証されたものではない単なる食品

★それでも私達がその効果を信じて騙されてしまうのは、体に良さそうな原料と体験談等の口コミのせい

★実は、過去に日本でも健康食品による被害が発生している

★サプリメント(健康食品)の注意点は体によくない成分が合った場合、それを大量に長期に渡り体に取り込むこと

★私達に必要なのは、サプリに頼るのではなく食生活や生活習慣の改善

健康食品によって、不健康にならないために、このお話を頭の片隅にでも入れてくれれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~関連記事~

トクホやサプリメント、健康食品や医薬品の違いを以下の記事で詳細に解説しています。

 ⇒⇒健康食品の効果を考える~トクホや健康食品の違いを徹底解説します

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする