F1種に追いやられた伝統野菜~種から始まる本物の野菜~

こんにちは。

やさいの庭 Chiisanate(ちいさなて)のオーナー 兼 有機野菜を作っている高城です。

去年から私は自分の有機畑で、ある取り組みをしています。

その取り組みとは、できる限り在来種を作り、自分で種をとって畑に植えることです。

在来種とは、昔から作られていた伝統的な野菜のことです。

長い時間をかけて気候や風土に適応し、その土地にしっかり根づいた野菜です。

最近では、伝統野菜として見直される動きもあります。

聖護院大根や賀茂なすなどの京野菜が、伝統野菜として有名ですよね。

でも、この伝統野菜は後述しますが、あることが原因で食卓から消えようとしています

私が在来種を育て自分で種をとる理由は、有機JAS認証を取得しているからです。

有機認証基準では、原則として、「種子も有機栽培で育てられたものを使うこと」と決められています。

種苗会社が販売する種子には、この基準を満たすものがほとんどありません

だから、自分の有機認証ほ場で作った有機野菜から、できるだけ種を取る必要があります。

在来種を育ててそこから種をとって、また育てまた種をとって・・・・・

これをずっと繰り返すのですが、やってみてその難しさが、そして伝統野菜が日本から消えていく理由がよく分かります。

今日は、食卓で見ることが難しくなった伝統野菜について、私の栽培体験を交えながらお話します。

スポンサーリンク



2種類の種

野菜の種は「在来種(固定種)」「F1(交配)種」の大きく2つに分けられます。

「在来種(固定種)」

見た目(形や大きさ)、味などが先祖代々同じ品種の野菜です。

親から子へ、子から孫へ代々同じ形質が受け継がれていくので農家は種を自らとって、翌年に播いてもまた同じ野菜ができます。

最近では伝統野菜と呼ばれたりします

「F1(交配)種」

異なる特性の持つ親を人為的に掛け合わせた種です。

例えばトマトAは味が濃厚だがサイズは小さい、トマトBは反対で味は薄いがサイズは大きい。

味が濃厚でサイズが大きいトマト(AとBのいいとこどり)を作りたければ、トマトAとトマトBをかけ合わればよいのです(遺伝子組換えではありません)。

優良な種類のいいとこ取り。これがF1種です。

F1種は種を採って翌年にまいても、親と同じ野菜はできません

先のトマトの例では、味が濃厚でサイズが大きいトマトを翌年も作りたければ、農家は種を買う必要があるのです

消えゆく伝統野菜たち

実は、あなたが購入する野菜のほとんどが、このF1種であることをご存知ですか?

恵泉女学園大学教授の藤田先生が、「1980年には1,214種あった日本の伝統野菜が、2002年には556種以上へと減少した」と発表して話題を呼びました。

F1種が好まれ伝統野菜が消えていくのは、社会がF1種のメリットを最も重視しているからです

F1種は伝統野菜(在来種)と比べて次のような特徴があります。

★発芽が綺麗に揃い・生育の揃いが良いので市場で出荷しやすい。

★曲がりにくい品種など、流通させるために箱詰めしやすいように改良されている。

★品種改良されているので、味は均一だが、個性やクセがなく食べやすいけどあまり印象に残らない。

大根を具体例にあげると、

消費者は曲がった大根より、味にクセがなく見た目がまっすぐな大根を選びます。

流通業者にしても、曲がった大根を箱詰めするより、まっすぐな大根を箱詰めした方が、少ない箱数でたくさんの大根を運ぶことができます。

生産者も作る大根が一斉に大きくなり、一斉に収穫した方が作業効率がよくなります。

このように、消費者・流通業者・生産者の全てのニーズが合致してF1種が求められるようになり、昔ながらの伝統野菜は姿を消しているのです。 

工業製品と同じレベルを求められる野菜

自分で伝統野菜を作ってみるとF1種とは違って、次のような特徴があります。

★発芽がばらばらで、生育も個体差が大きいです。

★なので、収穫も一気にできず、1ケ月くらいかけて少しずつ収穫していきます。

★F1種と違って、形や色も様々です。結構、クセが強く味に特徴があります(味が濃くて美味しい)。

これでは、大量生産、安定供給、大量輸送などができません

結局、伝統野菜は市場に流通させるのに向かない野菜なのです

昔は、多くの野菜が伝統野菜でした。

理由は、自家用で家族や近所の人が食べる分だけを作っていたからです。

※市場に流通させる必要がなかったのです。

家族で食べるだけなので、F1種のような味や生育などがピシャと揃う特徴は必要ないのです。

近年は、野菜を工業製品と同じように考えている方が多いですが、ちょっと違うんじゃないかなと思います。

自然と向き合いながら野菜の成長を見守る農業は、工業製品と同じような

定時(いつでも)、定量(同じ量を)、定質(同じ品質で)を求めるべきではないと私は思うのです。

工業製品と同じレベルを求めるから伝統野菜が消えていき、F1種が増えていきます。

まとめ

もちろん、私は、全てを伝統野菜にするべきだとは思っていません。

 

F1種があるからこそ、家庭の食卓がにぎやかになるし、私達、飲食店も豊富な野菜を使って食欲をそそる料理の開発ができます。

 

ただ、あなたの住んでいる、地域に根づいた本当の野菜の味を忘れて欲しくないのです。

 

 

本当に美味しい野菜は種から始まります

 

 

探してみて下さい。

あなたの住んでる市町に古くから伝わる伝統野菜を・・・

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする