脱サラ農業で失敗を避けるたった一つの方法【農業収入に依存しない】

本記事のテーマ(説明画像)

・脱サラ農業を考えているが、失敗するのが怖い(失敗を避けたい)

・どうすれば、脱サラ農業の失敗を回避できるのだろう

・脱サラ農業を成功させるために、経験者の具体的な話しを聞きたい

脱サラして農業を始める方は多いですが、最初の壁は「脱サラ農業の失敗の不安」を乗り越えるかどうかです。

多くの方がこの壁を登れずに、脱サラ農業をあきらめちゃいます。

この記事を書いている僕は、農業は全くの素人でしたが11年間のサラリーマン人生に終止符を打ち、現在、田舎に引きこもり有機農業を営んでいます。

あなたと同じ、脱サラ農業を考え実践しました

そこでこの記事では、脱サラ農業をした僕があなたの先輩として、脱サラ農業で失敗を避ける方法を解説します

ネタバレになりますが、「農業収入のみに依存しないこと」が超重要です。

この記事は経験に基づき、どの記事よりも詳しく「脱サラ農業の失敗」についてイメージできるようになっています。

記事を読めば、あなたが脱サラ農業で失敗しないための考え方が確実に身につくでしょう。

スポンサーリンク



脱サラ農業で失敗を避けるたった一つの方法

結論、脱サラ農業で失敗する方は、初めから農業収入のみに依存しようと頑張る方です。

これって正しいようで、めちゃくちゃ難易度が高いです。

なぜなら、消費者はたくさんある農産物の中からあなたのモノを選ぶ理由がないからです。

・脱サラ農業で失敗する人の3つの特徴

さらに深掘りします。失敗する方を見ていると大きく3つの共通点があるんです。

この3つを完全無視して「ただ、農産物を作るだけに」徹します。

そして、思ったほど売れず、収入も上がらず生活していけないようになります。

⇒【特徴1】農業で生きていくための設計図がない

まず、脱サラする前からボタンの掛け違いがあります。

冷静に農業で生きていくことを考えていないんですよね。

✓自分の作った農産物をどうやって売るのか?

✓農業で生活していくためには、どの作物をどのくらいの面積で作る必要があるのか?

✓農産物の販売収入が入るまで、補助金も含めいくら入ってきて毎月いくら出ていくのか?

✓また、軌道に乗ってから販売から経費を差し引いた残りで生活していけるのか?

などなど、将来の設計図を描かずに始めちゃいます。

例えば大根1本100円程度でスーパーに売られています。

販売手数料等があるためざっくりと50円ほどが農家に渡されます。

そして機械や肥料代など経費を差し引くとだいたい10円~15円の利益にしかなりません

ここから逆算すれば、農業の現実は見えてくるはずなのに多くの方が全く考えていないんですよね

⇒【特徴2】栽培技術のみで集客方法を理解していない

そして、将来ビジョンがないままとりあえず農業の世界に入ってきます。

 

皆さん、とりあえず研修を希望するのですが、多くの研修先では販売方法まで教えてくれません

というか、研修先も販売方法を知らないと言った方が正しいかもしれませんね。

 

作った農産物を売る方法は、2つしかありません。

①自分で値段をつけて売る

②誰かに自分の農産物を売ってもらう

 

シンプルでしょ。

どちらも、メリット・デメリットがあります。

 

あなたが脱サラ農業で②を選ぶのであれば、作った農産物は集客の努力なく現金化できます。

でも、多くの脱サラ者は付加価値をつけるために有機農業に憧れ①を選ぼうとします。

 

素人が①を選びとメチャクチャ苦労します。←これ僕のことですW

 

何度も言いますが、消費者は多くの農産物の中からあなたの作った農産物を選ぶ理由がないのです。

あなたは、脱サラ後どちらを考えますか?


<参考>

集客方法については、超重要なので以下の無料メルマガ講座も行っています。

無料なので、興味がある方は情報収集がてら除いてみてください。

 

▼無料メルマガ申し込みはコチラ▼

【無料メルマガ】インターネットを使った野菜の販売方法 >>


⇒【特徴3】全て他力本願で経営者としての自覚がない

脱サラ農業を考えている方は、自分で色々と物事を決める癖をつけておきましょう。

なんとなく農業の世界に飛び込むと、多くが経営者としての自覚がない農家になります。

 

行政等に研修先を紹介してもらう国から補助金もらいながら研修農協(JA)の組合員になって農産物を作り出荷する

だいたい脱サラ農業者はこのパターンなんですが、経営者を育成する視点がかけているんですよね。

 

・作業量や単価、就農場所から自分に合う農業を考える

・そのためには、どこで勉強(研修)すればその知識が身につくか調べる

・研修が終わった後の、ロードマップを考える(プロモーション、販売方法、各種システム化など)

経営者としての自覚がある農家は、自身でこのようなことを考えるはずですが、多くの脱サラ農業者は行政やJA等の他人のアドバイスを信じて行動しています。

結果、思ったより収入や自由度が低く、「こんなはずじゃない」と理想と現実のギャップに苦しむんですよね。

・忠告!!農業収入に依存すると脱サラ農業は失敗する

これは実体験に基づく僕からのアドバイスです。

僕は「①自分で値段をつけて売る」を選択しましたが、今から書くことは「②誰かに自分の農産物を売ってもらう」を選んだ方にも多少は該当します。

農業収入に依存すると脱サラ農業は失敗する理由を3つ挙げておきますね

⇒【理由1】農業だけではリスクの分散が図れないから

降雨量や気温・台風や鳥獣被害など、農業は自分でコントロールできない要素が多すぎて、リスクがでかすぎるんです。

✓収穫直前にイノシシの被害で全滅した

✓いい感じで育っていたのに台風で全滅した

✓雨がふらない干ばつ期間に野菜が枯れてしまった

などなど、僕自身もこのようなことはよく経験します。

栽培技術や販売技術もない脱サラ農業者には、追い打ちをかけるような出来事ですよね。

売るための農産物が全滅してしまえば、当然、売り上げも0です

⇒【理由2】品質のコントロールが難しいから=全て収益化できない

「自分の作る製品(農産物)を自分の思うようにコントロールできない」

これが農業と他産業の大きな違いです。

例えば大根を考えてみましょう。肌が汚かったり、股割れしていたり、小さかったり、極端に大きすぎたり・・・・

こんなものは出荷できません。

つまり、あなたが作ったもの全てを出荷(販売)できる訳ではありません。

農産物を作ってみると分かるんですが、結構、出荷(販売)できないモノってありますよ。脱サラ農業者のような素人は、かなり痛いです。

⇒【理由3】軌道に乗るまでに収入が不安定だから

販売方法を「①自分で値段をつけて売る」を選択した方は、特に該当します。

あなたは、どうやってお客様を見つけますか?

例えば、冒頭で例に挙げた大根の話をします。

1本の大根から農家が得られるお金は50円程度とお話しましたね(利益ではありません)。

あなたはサラリーマンなので月に30万円の給料が振り込まれます。

なので、大根専業農家がサラリーマンの給料を稼ぐには、30万円÷50円=6,000本の大根を出荷して販売する必要があります

しかも毎月です。これだけの大根を作るには、相当広い農地が必要ですし、体力的にマジでしんどいですよ。

【実体験】脱サラ農業を失敗させないための提案

ここまで解説してき理由で、脱サラ農業者は農業のみに収入を依存すべきではありません。

以下、僕が経験し実行してきた脱サラ農業の失敗回避策です。

ちなみに、以下の方法で僕は全くの農業経験や顧客0から現在、脱サラ農業5年目を迎えています

・脱サラ前に「農業+α」を考える

結論はこれです。αは、あなたの事業の計画の中で考えて下さい。

ここでは、僕のαを紹介しておきますので、ご参考下さい。

⇒+αの事例1:有機JAS認証を取得する

僕は、自分で売り先を見つける厳しい道を選んだので、農産物自体に付加価値がないと見向きもされません。

最初は、「無農薬、無化学肥料」をPRして頑張っていたのですが、それでもお客様に購入してもらうのは難しかったです。

結局、難易度の高い有機JAS認証(国家規格)に挑戦し、国のオーガニック認証を取得しました

取得するだけでは、売上は上がりませんが、振り向いてくれるお客様は間違いなく増えました

自分の作る農産物に有機JAS認証という付加価値を加えたのです。

⇒+αの事例2:レストランを自分で経営し集客

実は僕、オーガニックレストランの経営者でもあります。

脱サラと同時にレストンも立ち上げ、農業と並行して事業を進めています。

今だから言えますが、農業だけで頑張っていたら、ここまで書いてきた理由から僕は今、この記事を書く立場にはいないでしょう(間違いなく消えています)。

✓台風などの自然災害があっても、レストランにはお客様が来て売上はあります

✓股割れや形が悪くても、料理にしてしまえばお金に変えることができます

このような付加価値向上リスク分散で、僕は、脱サラ後のゼロから農業参入で、生き延びることができています。

⇒+αの事例3:田舎に移住しストーリー性を増強する

現在、オーガニックレストランは閉めて、田舎に移住して有機農産物の生産・販売に力を入れています。

定期の宅配セットなのですが、お客様はレストラン経営時代に探していました。

田舎にそのままお客さんを連れていくイメージですね

なぜ、田舎で有機農業をするのかを素直にお客様に説明し共感してもらう→そのドラマに感動したお客様がたくさんある農産物の中から自分のものを選んでくれる

こんな感じでお客様を増やしてきました。

要するにファンビジネスです。あなたのファンを作る必要があるわけで、決して有機野菜だけを売っている訳ではないのです。

・副業を持つ(さらなるリスクの分散)

他にも、有機JASの検査員の仕事やWEBライターなど、農業以外にもちょくちょく収入があります。

副業を持つことで農業のリスクを抑えることができますし、何より、不安が少なくなり心が穏やかになります

こんな感じで、脱サラ農業者は、農業1本で生きていかなくても色んな仕事を掛け合わせて生きていく方が現実的だと僕は思うのです。

【無料】脱サラ農業で失敗を回避するための研修をしてます

ここまで読んでくれた方は、少々、脱サラ農業をためらうかもしれません。

でも、僕は、脱サラ農業をお勧めする派です。

そして、脱サラ農業の失敗をなくすために行政と協力して、無料の有機農業研修を実施しています

※上記写真は、脱サラ有機農家とは別の、もう一つの僕の肩書で、移住者に対して農業研修を行っています。

脱サラをする前に、農業の体験を通して判断しても遅くはありませんよ。

【無料&初心者歓迎】宮崎県美郷町で有機農業の研修と田舎体験>>

【ちょっと宣伝】

具体的な脱サラ農業の手順を以下の記事で紹介しています。物件選びや資金調達、具体的な売上や利益などを赤裸々に話しています。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする