食の表示や選び方・考え方一覧

健康食品の効果を考える~手軽なサプリメントの安全性は大丈夫か?

実は、サプリメント(健康食品)は国や医者がその効果や安全性を保証しているわけなく法律上単なる食品に分類されます。そうであるため、虚偽・誇大広告による粗悪な製品が潜んでいる可能性があります。かつて日本でも健康被害が発生したサプリメントについて丁寧に解説していきます。

健康食品の効果を考える~トクホや健康食品の違いを徹底解説します

健康食品については法的な定義がないため、その健康効果や安全性は”自称”のものが多、く疑問符が付くことをご存知でしょうか?この記事を読めば、体にいいと謳われる食品が、どの程度客観的に調べられているのか?あなたにとって買う価値があるものなのか等の判断能力が身につきます。

アメリカ産牛肉の値下げ、喜ぶ消費者の後ろに潜むエストロゲン問題

安い米国産牛肉の安全面や薬剤投与に不安を感じている方、この記事はそんなあなたのために書いています。実は、EUでは1989年から安全性の問題で米国産牛肉の輸入を禁止しています。なぜ、米国産牛肉の輸入をEUが禁止しているでしょう。今日はその辺りを解説していきます。

中国産食品は安全か?的を得ない中国批判と無視される国産食品の危険性

メディアの報道を疑いもせず見聞きした結果、「中国食品=危険、日本食品=安全」という構図が多くの日本人の頭に出来上がってしまいました。本当にそうでしょうか?意外と日本食品の方が危険だったりします。記事では具体的事例や数字を交えながら、中国食品が危険か否かを解説していきます。 

安い食材に安い食事、コスパ重視の食で低下する日本の国力

安い食材や安い食事は誰かの我慢や犠牲の上に成り立っています。そして、それが続くと国力は次第に低下していきます。記事を読めば、コスパ重視の食から目を覚まし、日本を立て直すことが出来るのは私達消費者しかいないことが分かるでしょう。

日本食材でマクロビは危険!マクロビ派は食材の効果も考えるべき

私には、マクロビについてこう思っています。「今の日本におけるマクロビが、巷で言われているほど素晴らしいものとは到底思えない」。記事を読めば、マクロビという言葉やそれに基づく行動が大事なのではなく、正しい食材を使って初めてマクロビの効果が発揮されることが理解できます。

昔の野菜と今の野菜 味や栄養価に違いはあるの?まずくなった今の野菜

多くのお年寄りが「今の野菜はまずい。昔の野菜は美味しかった」と口を揃えて言います。この記事は「なぜ昔の野菜は美味しかった」と言われるのか?私なりに原因を考えてみました。 昔の野菜と今の野菜の違い、今の野菜は味や栄養が失われている理由などがあるのでしょうか。

中食ブームが意味するものは?栄える中食産業と滅ぶ家庭の味

日本惣菜協会が2018年に発表した内容によると、2017年の中食市場規模は初めて10兆円を超えたそうです。記事では、中食と内食や外食の違い、そして中食ブームの理由やブームの裏に潜む問題を解説します。中食産業が栄えるほど、家庭の味は滅んでいくという構図を見ていきましょう。

バードフレンドリーとは何だろう?一杯のコーヒーが鳥や森を救う

この記事に辿り着いたあなたは、「バードフレンドリー」って何だろう?と思っていることでしょう。記事を読めば、バードフレンドリーの意味やあなたが飲むその一杯のコーヒーが鳥や環境を救う活動につながることが分かるはずです。あなたが選ぶそのコーヒーが重要な意味を持つのです。

スポンサーリンク