食と農と消費者の問題一覧

中食ブームが意味するものは?栄える中食産業と滅ぶ家庭の味

日本惣菜協会が2018年に発表した内容によると、2017年の中食市場規模は初めて10兆円を超えたそうです。記事では、中食と内食や外食の違い、そして中食ブームの理由やブームの裏に潜む問題を解説します。中食産業が栄えるほど、家庭の味は滅んでいくという構図を見ていきましょう。

食品ロスの原因は何?食品ロスの現状と家庭でできる対策を考える

食品ロス。まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。世界に飢餓に苦しみ命を落とす人がいる一方で、日本では食料が余り大量に廃棄されているという現実があります。 今日は、食品ロスについて、その原因と私達ができることを考えてみたいと思います。

F1種に追いやられた伝統野菜~種から始まる本物の野菜~

在来種を育ててそこから種をとって、また育てまた種をとって・・・・・。これをずっと繰り返すのですが、やってみてその難しさが、そして伝統野菜が日本から消えていく理由がよく分かります。 今日は、食卓で見ることが難しくなった伝統野菜について、私の体験を交えながらお話します。

低い日本の食料自給率~卵の自給率10%から見える安全性の問題~

食の安全については、国をあげて取り組む必要がある最優先事項だと思います。このままでは日本の食は崩壊してしまうし、食の崩壊は国の崩壊を意味します。 今日は、低いと言われている日本の食料自給率と、そこから読み取れる食の安全についてお話します。

家庭で簡単エコクッキング~無駄なく野菜を使い切る知恵~

1本の大根から料理を2品作ります。素材を無題にしない、エコクッキングです。 エコクッキングとは栄養価の高い旬の食材を使って、葉っぱや茎、皮など捨てることなく食材を丸ごと料理することです。今日は購入した野菜を、無駄なく使い切る事についてお伝えしていきます。

私変わってる?お客様の相談から見える今の食事情

お客様のご相談を一つ一つを丁寧に答えて行く中で、今の食事情が見えてきます。相談してくれる多くのお客様に共通しているのは、「私変わってる?」と、自分の食に対する考え方や価値観が周りと違うことを悩んでいることです。今日はお店をオープンしてから今までに受けた相談を、多い順に並べてお店としての考えをお話したいと思います。

スポンサーリンク